女性へのボディタッチで失敗しないための3つのポイント

では、まずは、失敗するボディタッチについてお話しします。
失敗するボディタッチというのは、相手からの好意がない状態の時に、下心や好意が見え見えのボディタッチをしようとすることです。

女性があなたとの関係を友達と想っていたり、そもそも、まだ、あなたのことを何も知らないという心境であったりします。
女性が上記のような気持ちの時に、ボディタッチを実践しますと、あなたの下心や好意の有無にかかわらず、下心や好意が見え見えのボディタッチとして女性に感じ取られてしまいます。

理由は、女性視点では、ボディタッチが不自然な関係のためボディタッチ自体に違和感があるためです。
そして、「ちょっと手をつなぐのは早いんじゃない・・・。」などと思われてしまい、フェードアウトされる可能性が、急激に高くなります。
例えば、誰にでも考えられるような、ボディタッチの方法を、男を意識させるトークまでクリア出来ていない関係で使うと、
「手品をしてあげるよ。ちょっと手を貸して」
「手品出来るの?すごーい! して♪して♪」
と女性が口で言っていたとしても
それは、「手品をしてあげるっ♪」と楽しそうに言っている人に対して「けっこうです」と、断ることは、場の空気を読めていないことと同じですので、女性が、大人になり、しょうがなく付き合ってくれていると考えると正しい読みが出来ます。

本心では、
「この人、私の手を触りたいから、手品とか言ってくるんだろうな・・・・」
と、想われている可能性が強いです。
もちろん、男を意識させるトークまでがしっかりとクリア出来ていれば、女性も見え見えであっても喜んでOKをしてくれます。

ですので、男を意識させることが出来ていない時にボディタッチをすると、女性にフェードアウトされるボディタッチになります。
注意)
女性があなたに好意がある状態や、女性がネガティブ等になっていて、冷静な判断が出来ない時などには、ボディタッチはOKになります。

失敗しないボディタッチをするためには、下記の3つのポイントのどれかが必要になります。
ポイント1.理由付け
ポイント2.相手が好意を持ってくれている時
ポイント3.じらすことを意識する

では、ポイント1の理由付けからお話ししていきますね

【 ポイント1.理由付け 】

理由付けというのは、簡単に言うと、ヒールで歩いていると踏み外して転がり落ちそうなスペースのない階段で「大丈夫?手貸すよ」
肩にホコリがついていたら
「ホコリついているからとってあげようか?」
といった相手への気配りの気持ちがあるボディタッチのことです。

ただ、“この理由付け”によって、そのままキスなどが出来るかというとそうではありません。
理由付けをしたボディタッチですので、友達関係でもします。
ですので、二人の会話をする肉体的距離感を縮めることはできるが、キスをできるような、恋愛のボディタッチを、直接進展させていくためには使えないボディタッチ法と考えてください。

逆に、男を意識させるトークが出来ていない段階で無理矢理でもボディタッチをしてみたいという衝動にかられた時には、理由付けを使えば良いということになります。
(我慢できるならば、我慢をしてください。リスクであることに間違いはないです)

【 ポイント2.相手が好意を持ってくれている時 】
女性に、あなたに好意があると判断することができる場合には、
「手をつなごう」
「キスをしよう」
「抱きついて良い?」
というストレートな言葉で OK をもらえることがほとんどです。

好意を持っている男性とは女性もボディタッチをしたいと思っていますので基本的に女性に好意がある時にボディタッチを失敗することはありません。

【 ポイント3.じらすことを意識する 】
計画的に良いボディタッチを実行するためには、すごく大切です。
じらすことこそが、失敗しないボディタッチのテクニックと言っても過言ではありません。
大抵の男性達は、
・早く、手をつなごうとする。
・早く、キスをしようとする。
とにかく、ボディタッチをすることで女性を口説き落とすことが出来ると、勘違いをしていることがよくあります。
例えば、ボディタッチに関してですと、
・デートの帰りに勇気を出して、手をつなぐ
・手相占いの会話をし、その会話の流れで手を触る
ということをして、女性の警戒心を強くした方はいませんか?

上記の行動は女性側に好意のある場合ですと、もちろん、良いボディタッチ法になるのですが女性は好意のない男性からのボディタッチを嫌悪するんです。
そして、ボディタッチをされたことによって、警戒心を強く膨らませていきますので、
「手を触るために、手相占いの話題をしたんでしょ!」
「デートの帰りだったら、手をつないで良いと思ってるの!?」
などと思われてしまい、フェードアウトをされてしまう可能性が上がります。

この大抵の男性達がボディタッチを実践する状況であなたは、ボディタッチをあえて辞めると、
「普通の男は、今、触ってきたり、キスしようとしてきたりするのになんで、この人はしないんだろう・・・・・」
と他の男達と差別化をすることが出来ます。
また、何度か上記のようなシュチュエーションを作ることでじらすということが出来、
「早く、いい加減、手をつないで欲しい」
「早く、いい加減、キスをして欲しい」
と女性に、思ってもらうことが出来ます。

例えば、女性によっては、じらされることに冷静に対応出来ないようになり、女性からのボディタッチが積極的になったりすることもあります。
警戒心を持っている女性に対しては、安心感を与えることが出来ます。

では、ボディタッチをじらすためにあなたは何を実行すれば良いのかといいますと今まで、あなたが、
「今がチャンスだ!手をつなげるかもしれない!」
と思ったシュチュエーション時に、あえて、ボディタッチやめてみる!!です。

つまり、今までは、何度もボディタッチを挑戦することで女性の好意度(ボディタッチのOK度)を探っていたかと思いますが、これからは、ステップを意識することで女性の好意度を探り、あなたが、今後、狙った女性にボディタッチを決行する際には、手をつなぐ、抱きしめる、キスをする・・など、全てのボディタッチを、一度に全て、決行してしまう気持ちでいてください。
全てを実行するためには、ボディタッチを女性に好意的に受け止めてもらう関係を作り出すことが最低限、必要になってきます。
その状況を作るために必要なことが、先ほどもお話しした「じらす」です。


このページの先頭へ