沈黙の原因は?女の子が沈黙したときの対処法!

沈黙を作らないためには、なぜ、沈黙になってしまうのかを考え、沈黙に必然的になってしまう会話方法やマインドを治す必要があります。
クライアントさんによって、怖い・緊張・会話内容など、一番の原因になる個所は異なるかと思いますが、最終的には、相手に楽しんでもらうことによって、相手が話してくれる量を増やすことが一番の解決方法です。

ですので、会話の掘り下げ方、膨らませ方、などを意識し、相手から聞いた情報に対して、
話してくれてありがとう!話してくれたから、俺はその話題で場を盛り上げます!
というようなマインドで会話をしていきましょう

1つの話題で、どれだけ会話を長く楽しく話し相手と一緒に話すことが出来るのかが、重要ということです。
相手が楽しんでくれた量に比例して、相手がたくさん話してくれると理解してください。
ですので、相手が教えてくれた情報を単純にデータ化してしまう考え方や相手が何を話せば喜んでくれるのかなということを見抜こうとしない考え方をしていますと、間違いなく、沈黙が訪れます。

また、沈黙になった時の対処法の一つとして、メモ帳などに、話そうと思う話題をメモしておく。
いつものメモ帳の使っていた方は、沈黙対策ではなく、話す内容をチェックしておくためだったかと思います。
そして、メモ帳に書いてある内容を話しつくした時に沈黙が訪れていたかと思います。
今後は、メモ帳を使わない間は相手を楽しませてあげるためのアドリブ的な発想力を使い相手を楽しませてあげ、アドリブが弱くなってきた時や、なくなってきた時にメモ帳を使うようにしていきましょう!

つまり、会話力がなければ沈黙が訪れることは当然ですので、会話力を底上げしなければ、根本的に沈黙を解決することは出来ないということです。
会話力に自信がない間は、メモ帳を使ったりという対策をする必要があるということです。
もちろん、会話力自体は、このサイトで上げてください
また、他にも沈黙になった時の対処法がありますので、ご紹介します。


沈黙の上手な使い方
沈黙を一瞬で終わらすための会話方法についてです。
まず、沈黙になった時には冷静になりましょう。
沈黙になった時に焦っているのは、コミュニケーションスキルがない側の人間だけです。
つまり、あなたが焦ってしまう状況では
相手は焦っていない可能性が高いですので、あなたが、焦って何かの話題を発してしまうことで、相手の心に「?」という違和感が出てしまい、
・好意
・余裕のなさ
・自信のなさ
というような負の要素のある人間性が相手に伝わってしまう可能性があります。

沈黙を良い意味でとらえますと、
・次に話す会話内容を考えるための時間が出来たということ。
・人と一緒にはいるけど、考え事の出来る一人の時間が出来たということ。
・話題を変えるチャンスが出来たということ。

でもあります。
沈黙を、「あせってしまう時間」ではなく「余裕を持って考えることのできる時間」と、考え方を変えるためには、あなたが冷静になる必要があるんです。

まずは深呼吸をしましょう。
実際に、今、沈黙になった時を強くイメージし、心の中で深呼吸をしてみてください。

次は、話す内容を事前に考えておいたメモ帳の中身を思い出しましょう。
その中で、1番、相手が盛り上がってくれそうな話題を見つけましょう。
最後に、必殺技です。
「あっ!そういえば♪」
と、相手の喜びそうな話題を思い出したかのように相手に話し始めてください。

沈黙になる原因は、沈黙になる直前の会話内容の選択が悪く盛り上がりに欠けてしまっていた可能性が高いです。
会話内容が悪かった場合は、悪い会話内容から良い会話内容にゆっくりと変えていくようにするよりも、一気に話題を変えたほうが良いです。
悪い会話内容を引き延ばしてしまうことは、良い会話内容にするためであっても、相手との関係が、良い会話内容をする前に、後戻りできないくらいに、気まずくなってしまう可能性がありますので、一気に話題を変えたほうが良いです。

そして、一気に話題を変えるためには、流れを止めることが必要だったりします。
その話題を一気に変えるための一つの方法が沈黙ということです。
ですので、意図的に話題を変えたい時にも沈黙を使うと良いということです。

気まずい会話になっている時に、例えば、大きなクモが目の前を通り過ぎてくれるとラッキーですよね
「うわー!ビックリした」
「キャー。ビックリした!」
「怖かったね? あせったー!」
「うん、怖かった!」
・・・笑
というように一気に話題を変えることができますので、突然現れた、クモと同じような沈黙の使い方をすると良いです。


このページの先頭へ