心理学の一貫性の法則を利用した恋愛で使える会話法

よく成功哲学などでは「俺は出来る」と言えば言うほど自信を持てるようになる。本当に出来るようになる。
というお話がされています。

これは心理学と照らし合わせても理にかなっていまして人は口に出してしまった言葉に対して、一貫性のある行動をしなければいけないと想ってしまうんです。
「俺はやるぞ!」と言った人は、自己暗示にかかったかのようにやらなきゃいけない気持ちになってしまうんですね。
特に「人に言ってしまった」場合はです。

心理学では一貫性の法則と言い、そして、この法則を恋愛で利用した会話法をお伝えします。
例えば、
「俺って、全くモテないんだよね」
「そんなことないよ」
「そんなこと言って、僕をブ男だとか思ったりしてるんでしょー?」
「そんなことないよー!どしたの急に?」
「じゃあ、○○ちゃんに少しだけ引っ付いてもいい?」
「いいよ。 おいで」

相手の女性をしっかりと楽しませていることが出来ると、あなたがネガティブ発言をしたとしても、女性は、必ず、「そんなことはないよ。」と否定をしてくれます。
その否定をしたことに対して一貫性の法則が働き、結果、あなたが隣に行っても良いというようなお願いをしたとしても女性はダメとは言いにくい状態になってしまいます。
結果、肉体的距離を縮める方法を成功させてしまう会話になる、ということです。

注意点です。
こちらは、心理テクニックのイエスセットの反対であるノーセットに近い方法を使っています。
ノーセットとは「NO」を何回も言ってもらうことで、相手に「NO」という返事をさせてしまうというような方法であり、イエスセットとは正反対の方法になります。

先ほどの会話例で言いますと、
「そんなことないよ」
というNOの意味のある返事をさせるための会話を続けすぎてしまうと、
「じゃあ、○○ちゃんに少しだけ引っ付いてもいい?」
という質問に対しても、女性にノーセット心理が働き、
「ダーメ」
というような NO 返答が返ってきてしまい、肉体的距離を縮めにくい場の雰囲気になる可能性がありますので、NO返答をもらうための会話は2回程度に抑えておいて下さい。



女性の好意度を簡単に調べる方法
ものすごく簡単な方法です。
どんな会話内容でも良いですので、
女性の耳元でささやくように話してあげてください。
「ちょっと耳かして」
「何?」
「おしっこ言ってくるね。」 ・・・耳元でクールにささやく。
「何それ!プン!」
「笑い。 いってきまーす♪」
でも良いということです。

この時の会話は、声のトーンを下げ、クールにささやいて下さい。
つまり、女性では出せない声色を出すと良いということです。
どんな会話内容でも有効な方法ですので、もちろん、今まで、お話ししてきた会話法であれば、1度に2つのテクニックを実践することになります。
当然、2つのテクニックを同時にしていますので、より強く相手に男を意識させることが出来ます。
この方法は、女性があなたに好意を持っているのかを見分けることが出来ます。
例えば、あなたに好意がなく、警戒心を持っている女性であれば、
あなたが、「ちょっと、耳をかして」 と言った時に、NOと、断られます。
逆に、あなたに強く好意を持っている状態であれば、
あなたが、「ちょっと、耳をかして」 と言わず女性の耳に、急にあなたの顔を近づけたとしても、女性は避けずに、耳を傾けてくれます。

女性の好意度が高い場合には、何も言わずに、耳に顔を近づけてこの方法が可能になる。
女性の好意度が中程度にある場合は、「ちょっと、耳をかして」と断りを入れておくことで、受け入れてもらえる。
女性の好意度が低い場合には、女性の耳に、あなたの顔を近づけることを断られる。
ということです。


このページの先頭へ