プライベートな情報を聞いて失敗したあなたへ!プライベート情報を聞く前にするべきことは?

何を話して良いか分からないという方は結論からお話をしますと、お互いの個人情報をお互いが収集しあうことで仲良くなれると、勘違いしていらっしゃる可能性が高いです。
「何歳?」
「どこに住んでいるの?」
「趣味は何ですか?」
「仕事は何をしているの?」
「いつも、何して遊んでいるの?」
「家族構成は?」
というような相手のプライベートな情報を知ることで人は、仲良くなっていくと勘違いしているということです。

勘違いしてしまう理由は、お互いのプライベートな情報を知るよりも大切なことを理解していないためです。
お互いのプライベート情報を知るよりも大切なことは、お互いのプライベート情報で、お互いが楽しむことです。
女の子に何かを聞き、何かを教えてもらった時は、常にその情報で相手を楽しませてあげようという意識を持ってください。

「何歳?」
「22歳」

「ゾロ目の歳は良いことあるって言うよね・・・もしかすると!今日かもしれない♪だって僕と出会ったじゃん♪」
「そうかもね。笑」

「今、『かも』と言ったけど、数時間後には確実にそうです!って言ってしまうよ♪」
「すごい自信だね♪」

「たぶん、僕より○○ちゃんに喜んでもらいたいとか楽しんでもらいたいって想いながら、○○ちゃんを口説こうとする男はいないと思う! 」

「男って下心ばっかりだからねー。笑」
「だよね>< アタシも、アタシの笑顔を見たいって言われながら口説かれたいもん」

「なんで女口調になってるの?笑」
「モテる感じを味わいたくて・・・笑」
「何それ!笑」

上記のように、聞いた情報に対していちいち楽しませてあげるからこそ、仲良くなることが出来るんです。
相手を楽しませることをしていない
情報収集をするだけの会話をしていても
「何のために聞いたんですか?」
と思われてしまう可能性が高いです。

大切なことはとにかく、相手を楽しませることですので、何を話せば良いか分からないという問題を解決するためには、ユーモアや話題を膨らませると言ったようなスキルをしっかりと身につける必要があるということです。

例えば、天気の話をした時でしたら、
「今日は、くもりですね」
「そですね。くもりだから太陽が隠れてしまいましたけど、さっき、一瞬だけポッと晴れて、太陽が僕にウィンクしてくれましたよ」
「そんなことないでしょ 笑」
「本当です♪ そのウインクがすごい素敵でビックリしました!目を合わせようとしても、もう目が痛くなるくらいまぶしいかったです♪」
「誰でも、太陽見たら、目が痛くなります!笑」
「えっ!?じゃあ、○○さんも太陽にウィンクしてもらったことあるってことですか?」
「そうじゃないです  笑」

天気の話であっても、ユーモアと話題を膨らませるスキルがあれば楽しい会話が出来ます。
上記のような会話が出来るようになりますと、情報収集をする必要もありません。
また、警察の尋問のようなトークにもなりませんし、1つの情報でたくさんの時間を使うことになりますので、沈黙の時間も必然的に減ってきます。

情報収集というのは、相手のパーソナルスペースに入っているようなものです。
仲良くなるまではリスクのある会話とも言えます。
「兄弟何人いるの?」という質問について、普通に教えてくれる子もいれば、
「え、そこまではちょっと・・・・」という子もいます。
「どこに住んでるの?」という質問について、
「いやそれはちょっと・・・・・」という子もいます。

相手の警戒心を煽っていることと何も変わりませんので相手の警戒心が増える可能性が高くなるだけです。
ですので、プライベートな情報というのは、ユーモアや話題を膨らませるスキルを身に着けてから聞く必要がある質問内容だったりします。
理想としては、たくさん笑ってもらった後に、女の子から、
「何歳ですか?」
「どこに住んでいるんですか?」
と聞かれ、女の子が聞いてくれた質問内容に対し、
「○○ちゃんはどこに住んでるの?」
と、聞き返す。

相手から最初にプライベート情報を聞いてもらえるような会話のスタイルにしていくと警戒されてしまうリスクがゼロになりますので、この会話スタイルを目指して、会話内容を意識してください

会話内容は何でも良いです。
仲の良い友達と遊んだ時、家に帰ってから、何を話したかなと思い出してみると、
「ラーメンが食べたい!」
という内容だけで、他はくだらない話だったみたいなことがあると思います。
くだらない会話が出来るからこそ、仲良くなれるということです。
つまり、楽しければ、会話内容は何でも良いということです。


このページの先頭へ