プライバシーに関する質問は女の子にしないのが鉄則

女の子に
「何歳?」
「どこに住んでるの?」
「何の仕事してるの?」
というようなプライベートな部分を聞いた時、
「いや、別に・・・。」
「んー、内緒。」
などと、教えてくれないことがあります。

断られる理由は単純で、あなたが質問をしているからです。
間違いありません。
質問をしなければ相手は教えてくれないということはないですのですごく当たり前のことなのですが、プライベートなことは自分から聞かないようにする。
ということを強く理解して頂きたいのでお話しさせて頂きました。

私が本当に100%口説き落とせている理由というのは、全てにおいて、リスクを回避しながら口説いているからです。

例えば、こちらからプライベートな事を話して
「僕はコンサルティング業をしていて、34歳で、東京に住んでいるんだ。」
と女の子にお話をしたとしても、だからと言って、女の子は同じように、情報開示をしてくれるのか?
というと関係ないです。

では、何が直接関係あるのかと言うと、男の情報開示の量ではなく女の子との新密度に関係があります。
情報開示を自分自身がしたからと言って、女の子の警戒心が下がるのかと言うと、下がる子いれば、下がらない子もいます。
「この人、何、ペラペラと自分のこと話し出したの?」
などと思われちゃうことも多々あるということです。

つまり、プライバシーの話題を女の子に聞こうとすることには、リスクが十分にあるということなんですね。
心理学などでは、自分自身が情報公開をすると相手も心を開いてくれるなどとありますが、100人の女性のうち、100人全員が、自分自身の情報を公開したからと言って、同じように情報公開をしてくれることは、まずありませんので、リスクの高い会話内容に対して、心理学を意識するのは危険です。

付き合いを重ねていくと、いつかは自然に相手のプライバシー情報を知ることになります。
どういう時に知ることになるのかというと、女の子の方から
「何歳なの?」
「どこに住んでるの?」
「何の仕事してるの?」
と、聞いてくれた時です。

女の子が聞いてくれた時に、「○○ちゃんは?」とお返しに聞いてあげると自然でリスクがなく良いです。
女の子が聞いてくれた時には、女の子がプライバシーの話をしたいのかな?というように女心を理解して頂ければと思います。


人は、自分がした質問を同じように聞いてほしいという願望がありますので、逆に聞いてあげないと失礼に当たるような状況で無理なく相手のプライバシー情報を聞くことができるということです。

あなたも、自分自身が聞かれたくない話題を相手に振ったりはしないですよね^^b
たとえば、今まで付き合ったことがない男性が女の子に、
「今まで、何人の男と付き合ったの?」
質問返しが来ることを予想すると、聞きづらいのではないかとお察しします。

また、会話の途中、話題がなくなった時に、女の子からプライバシーの話題を出してきたという可能性もあります。
話題がなくなったため、プライバシーの話題を出してくれたということは、彼女は、プライバシーに対しての警戒心が薄い可能性が高いですので、彼女が聞いてくれたプライバシー情報を会話を楽しむために、聞き返してあげると良いです^^

本当に、自分からプライバシーの情報を聞くというのはメールでの出会い・ナンパ・合コン、どのようなシュチュエーション・出会いの場所であってもリスクがあなたが思っている以上にありますので、注意してください。

例えば、
女の子が警戒している時に聞いてしまいますと、「この人ストーカーになるかも・・・・・」と思われてしまうこともあるくらいですので、本当に注意してください。

【相手の情報を知る会話をする】
というのがありますが、極論を言うと相手の情報なんて一切いらないです。
相手のプライバシー情報を聞いたことで失敗したクライアントさんをたくさん私は見てきました。
相手のプライバシー情報は、いらないという理由について、なぜかというと、
相手の情報を知る=相手を楽しませる。
という事にはなりませんよね。

このサイトは、口説きの最高峰を目指していますのでお話ししますが、プライバシー情報なんてなくても口説けるというのが最高なんです。
リスクのあるような話題を全て避けその上で相手を楽しませながら口説き落としてあげる。
このような会話スキルをお伝えするために、当サイトがございます


このページの先頭へ