職業別(キャバ嬢、ガールズバー、看護師、アパレル店員、OL、学生など)会話攻略法

『狙っている女性はどんな職業に就いていますか?』
大人になり、生きていると大半の時間が最愛の人や友達といる時間ではなく、仕事の時間になっていることが多いです。
つまり、職業というのは、私たち人間の性格を良い方向にも悪い方向にも大きく変化させる材料になるということです。

もちろん女性にも、言えます。
ですので、職業別でもタイプ分析がある程度はできるということになります。
では早速、分析していきましょう!
もちろん、こちらのグラフも、これから出会う女性達にアプローチをする際にも使えるグラフの割合ですので、参考にしてください


キャバ嬢とガールズバーの店員
キャバクラなどのようなお酒を飲む場では紳士さよりもノリが重要です。
あと、重要点としてあるのが、ミステリアスさです。
キャバ嬢に対するミステリアスさというのは、キャバ嬢は相手がどんな男なのかを常に見抜こうとしていますので、職業を教えなかったり、海賊などとごまかすだけでも「?」がキャバ嬢の頭をよぎり、ミステリアスさを出せたりします。


看護師&介護士

人間の命に携わるという、ものすごく責任感のあるお仕事をしていらっしゃる方々ですので、勇気づけなどが、一見、有効に感じますが、責任感のあるお仕事をしていらっしゃるからこそ、プライベートでは、ユーモア性のある物事や癒しを求めていたりします。
ですので、勇気づけより、ユーモアのほうが断然大切になります。
もちろん、会話のイケメンも大切にしてください。


ギャル系アパレル店員
ギャル系の服などを扱っているアパレルショップ店員の場合は、可愛く若い子が多いですが、基本的にギャルに近い思考の持ち主だったりしますので、ユーモアと応用編を、ストリートナンパのようなノリで使うと良いです。


真面目なアパレル店員
次のページのOLさんと大差はありません。
ただ、オシャレにこだわっている子がいる場合もあります。
そのような子は、「私は何をしても、センスが良い!」と、妙なプライドを持ち合わせていることがありますので、服のセンスが悪いと嫌悪感を示す場合がありますので注意です。


OL
真面目系アパレル店員と、グラフの割合は一緒になります。
OLさんというのは、大学に入学、そして就職というような一般常識的なレールを歩んできた女の子達でもあります。
礼儀的な一般常識などが欠けている場合に嫌悪を示す場合がありますので会話のイケメンをしっかりと実践しましょう!
歯科衛生士は、一見、看護師に近いように感じるかもですが、こちらのグラフが当てはまります。


美容師
忙しい職業柄、あまり遊んでいない子が多いです。
ですので、出会うことが出来たら、比較的口説きやすい職種になります。
ユーモアをしっかり使い、褒めてあげるべきところは褒める。
これだけでも十分に口説き落とすことが可能だったりします。
看護師さんも忙しいため、異性と出会うキッカケが少なく、口説きやすい職種になるのですが、看護師さんと美容師さんの違いは、美容師さんは、勇気づけられたい願望があるという違いになります。


文系職
コミュニケーション能力が学生時代から高い傾向のある子が多いです。
ですので、コミュニケーション能力での勝負になることが、ほとんどになります。
また、恋愛を学生時代からしてきている傾向もありますので、ミステリアスさが必要になることも多いです。
若い女性になればなるほど必要になり、若くない女性になればなるほど、「褒める」が必要になります。


理系職
職業柄、物事を論理的に考える思考がついている傾向があります。
ですので、ユーモアが通じないこともあります。

ユーモアのある会話を話した時に論理的に解釈されちゃうと、ユーモアを使っても笑いは起きなくなるんですね。
ですので、ユーモアではなく、会話のイケメンや褒めることを主体にした会話をすると良いです。


フリーター&無職
基本的に、ユーモアを使ったチャラい感じの会話法が仲良くなりやすいです。
チャラい感じの会話法を少しキツめに・・・ 「いじる」ではなく「けなす」と言った具合にすることで『 鞭 』を与え、 少し真面目な雰囲気になった時に、勇気づけという『 飴 』を与えると 上手くいくことが多いです。
フリーターや無職の子は一見、チャラチャラしていますが、 内心は、ちゃんと働きたいと想っていることが多いです。


学生
遊びたい盛りの子達ですので、楽しいことに対しては、悪く言えば軽くついてくる子達でもあります。
ですので、当然、ユーモアが必要になります。

以上で、職業別 会話法分析グラフを終わります。
いかがでしたでしょうか?
上記はあくまで、個別の女性に対しての正攻法ではなく、その職業に多い傾向にある正攻法になります。
女の子は十人十色ですので、違う口説き方が必要になる場合もありますが、基本は上記というように意識して下さい。


このページの先頭へ