緊張してうまく話せない・・・緊張をなくす方法は?解決策を教えて!

緊張して上手く話せないというのは、好きな子や好きなタイプの子を相手にした時に多いだろうとお察しします。
また、過度に結果だけを求めている方に多いとコンサルティングをしながら、私は感じています。

「絶対に嫌われたくない」「絶対に目標通りの結果を出したい」
絶対、というような状況可では、誰でも緊張をします。
オリンピック選手のような 4 年に 1 度しかチャンスがない選手たちは当然ですが、本番では緊張することを知っています。
そして、本番では練習以上の力を出せないことも知っています。
ですので、日々、練習を重ねます。
「練習がムダになったら、どうしよう・・・。ムダになるのは嫌だな。」
ではなく、
「練習をムダにしてたまるか!だから、もっと練習をするぞ!」
という気持ちで、本番に向け、練習を重ねます。

緊張をなくす方法などはないということを理解し、緊張をしている中でも、実力を発揮できるための練習をしましょう。
練習をすることで、体に染みつきます。
本番では、練習を重ねた分だけ、練習に近い結果を残すことが出来ます。

練習を一切せずに、本番に挑む方は、
1.嫌われたくない

2.嫌われないように何かを話さなければいけない

3.でも、嫌われないようにするには何を話せば良いのか、分からない

4.分からないけど、とにかく嫌われたくない。

1.嫌われたくない

2.嫌われないように何かを話さなければいけない

悪循環

結局は、
「この子は、何を言えば喜んでくれるのだろう」
「何を言えば、俺を嫌われないでいてくれるのだろう」
という部分に対し、ご自身が練習をしてこなかったため、正解が分からなくなり、悪循環になってしまいます。
解決方法は、練習をすることのみです。
そして、誰でも「絶対に」という場面では、緊張をするということを受け入れてください。

練習時に目指すべき目標は、自己主張をしながら人に好かれる人間性、つまり、言いたいことを言いながらも男女問わず、人に慕ってもらえるような人間性を持つということです。

孤独を感じない、モテる人生を歩むということが、当たり前になります。
「この子は、何を言えば喜んでくれるのだろう」
「何を言えば、俺を嫌われないでいてくれるのだろう」
この部分の練習を徹底的にするためには、人の心を読む練習をしてください。
ネット媒体から出会いを作り、メールの文字だけで相手の心を読む練習もすごく良い練習方法です。
また、相手の心を読むための練習をするためには、相手の行動や発言を先読みせず(先入観を持たず)に、
「○○を言った時、女の子はどのような反応をするんだろう?」
ということを、あなたが満足するまで探究してみると良いです。

例えば、会ったことのない女の子10人に対して
「○○ちゃんのメールの雰囲気、可愛いね」
という言葉を伝えた場合、どのような反応をするんだろう?
などと、探究心を持って調べてみるということです。

全員が喜んでくれた場合には、
「あ、○○という言葉は喜んでくれるんだ♪」
という確信に変わります。

心が冷静でなくなった時は、当サイトで知った内容ではなく、あなた自身の経験で知った言動を思いつくことが多いです。
ですので、あなた自身が経験をし、相手の喜ぶ言葉を見つけて行けば見つけていくほど良くない沈黙から脱出する方法を知ることが出来ます。
つまり、緊張をしすぎてしまい、冷静でない時であっても、勝手に頭に浮かんでくれるような鉄板ネタを作っておくということです。
「○○の言葉を言うと、100%好かれる」
「○○の言葉を言うと、100%嫌われない」
ということを体験で理解している会話内容がありましたら、声を出すことが出来ますよね

上記のような、一言鉄板ネタを作ることが出来ましたら、次は、会話の流れを意識した鉄板ネタを作りましょう。
例えば、コンビニの店員さんでしたら、
「こんにちは^^ お姉さんの笑顔すごく素敵ですね。なんだか、余計なものを一つ買ってしまいそうになっちゃいます♪」
真剣に接客業務している女の子でしたら、喜んでくれます。

君がいるから、お店の売上が上がるというような職場での存在価値を感じさせる言葉が入れながら褒めているためです。
ですが、
「お姉さん素敵です^^ もし良かったら連絡先交換してください♪」
こちらの場合は、軽いナンパと同じですので、良くて10%ぐらいの女の子が好意を持ってくれるくらいになってしまいます。

男達に可愛い、綺麗と言われている可能性が高い女の子であればある程、確率がゼロに近づいてきます。
「あっ。またか・・男ってみんな一緒だね。」
と思われてしまう可能性が高いからです。

ただ、どれだけ可愛く綺麗な女の子であっても、
「こんにちは^^ お姉さんの笑顔すごく素敵ですね。なんだか、余計なものを一つ買ってしまいそうになっちゃいます♪」
と言い、ガムなどを実際に買ってあげ、数回通い、毎回さわやかな挨拶をし、顔をしっかり覚えてもらい、仲良くなった後で
「お姉さん、今日も素敵です^^ あっ!もし良かったら連絡先交換してください♪」
と言うと、
「いいですよ」
と、連絡先を交換できる可能性が、かなり高くなります。

会話の一言鉄板ネタというものも確かにありますが会話の流れやTPOによって変わることもありますので、女の子との関係や、会話の流れを意識した上で鉄板に出来るネタも、あなたの経験で作ってしまいましょう。

また、緊張して話せないもう一つの場合についてです。
結果ばかり意識する

この子と、今日絶対に付き合いたいという目標。

目標設定を柔軟に変えることができなくなることで、TPOにあった柔軟な対応を出来なくなってしまう。
女の子と話していても盛り上がりが欠けたり女の子が楽しいと思ってくれていないと感じた時、告白をせまることは無謀です。
つまり、
「女の子が楽しんでいない」⇒「告白をする」
という流れは現実的に、作ることが出来ないということです。

現実的に作ることが出来ない流れを作るための方法を考えても答えが出てくることは、永遠にありませんので、最終的に、沈黙か強引というような状況になってしまいます。

ちなみに、上記の間に入るものは、「女の子を楽しませてあげる」です。
ですので、シュミレーションでは、女の子を楽しませることも出来ていたが、実際は、楽しませることが上手くいかなかった。
だから、告白は次回のデートにすることにして、今日はとにかく次回につなげることが出来るように、楽しんでもらうことだけを意識し、何もせずにバイバイをしようという目標変更をすることに対しての柔軟さが必要になります。

目標設定はものすごく大切です。
大きすぎる夢のような目標設定もすごく大切です。
ですが、もう少しで手が届くという箇所にあるような目標設定は、時にあなたを暴走させ、固い頭にさせちゃう可能性があります。
逆に言えば、あなたが恋愛で苦労しなくなるという目標は、大きすぎる夢のような目標ではないとも言えます。

緊張というカテゴリが一緒ですので、お伝えします。
初対面の人と話すことに緊張をしてしまうという理由は、本来は初対面だからという理由ではない場合が多いです。
また、初対面の人と話す練習や実践は、今までの日常生活の間で解決してしまっている可能性が高いです。

例えば、コンビニや飲食店に入った時、女の子の店員さんと
「温めますか?」
「お願いします」
「注文良いですか?」
「はい」
というような、日常会話をしたことがあると思います。

つまり、初対面で緊張をしてしまうという原因は、日常生活をしているだけで、突破しているはずということです。
では、なぜ初対面の人だと緊張をしてしまうのかと言いますと、やはり同じく、
「この子は、何を言えば喜んでくれるのだろう」
「何を言えば、俺を嫌われないでいてくれるのだろう」

初対面ですと、相手がどんな人なのかが、分かりませんので、上記のような理由が、より強く出てきてしまいます。
好きでない女の子であったとしてもです。
原因が同じですので、解決方法も同じで、鉄板ネタや鉄板の会話の流れを作れば良いということになります。

男という、女好きの生き物を素直に充実させながら生きるためにも、あえて女の子の店員に話しかけることは、おこたらないでください
俺は病気かと思うくらいに女に対して、緊張してしまう!
他県などに行き、ナンパをしてみると良いです。
荒治療です。
「駅に行くまでは、どうやって行けば良いか、分かりますか?」

あなたが女の子と付き合いたいと考えた時、どちらにせよ、女の子と話さなければいけません。
女の子と話すことを避けたまま、女の子と付き合うことは無理だと言うことをあなたも知っているはずです。
その時、その時のマイナスの感情を友人に癒されたとしても、女の子と話すことは出来ないままだろうとお察しします。
だからこそ、荒治療が必要になります。
あなたがナンパをするに辺り、一番大切なことは、ゲットできるかどうかよりも、女の子に声をかけることが出来るかどうかです。

正しい会話が出来るかどうかは、どうでも良いですので、声をかけてみる。
「よし! やってみよう!」
と、思わせてくれるような、勇気のきっかけをくれるノウハウはありますが、女の子に声をかける瞬間の勇気は、あなた自身の勇気だけが頼りです。

何も考えずに声をかけてみましょう!
ナンパをすると、声をかけたという達成感を味わうことが出来ます。
達成感が話すことの出来る自信に変わり、妙に緊張してしまうことがなくなります。


このページの先頭へ