ユーモアを交えて会話ができるようになると得られるメリットは?

ユーモアのある会話が出来るようになることで、『あなたが好感を持ってもらいやすくなる、相手の感情を揺らす』ことが出来ます。
どの感情を揺らせるのかというと、何度もお話をしていますが『楽しい』という感情を、特に揺らすことが出来ます。

よく聞くテクニックの感情を揺らす方法というのは、実際は後づけの論理が多く、「実践で役に立つか?」と言われると、あまり役にたちません
人の感情を揺らす方法をいくつかご紹介いたしますので、

まずは、人の感情の揺らし方をイメージ出来るようになってください。
例えば、人を過激に怒らせようと思った時、相手の想像を超える程、馬鹿にするようなことを言えば、当然相手はブチ切れます。
ですが、相手の想像を超えない範囲のバカに仕方ですと、相手は冷静な頭をもちつつ、怒りの感情がくるだけなのであまり感情は揺れません。

上記をプラスのコミュニケーション、つまり、恋愛を成功させるための方法に置き換えた場合はどうすれば良いのかというと、相手の想像の範囲内のこと、つまり、相手が今これを言われたら嬉しいと思っているようなことを言うと、冷静な気持ちを持ったまま、嬉しくなってくれます。

ですが、相手の想像を超えたことを言った場合、
「すごーい、こんなこと私は想像をしてなかった」
強いプラス効果のあるサプライズになりますので、冷静さを失って喜んでくれます。

例えば「今度バラをあげるよ♪」と軽い口約束をしてレインボーローズを100本あげたりだとか。
※レインボーローズは値段が高すぎて有り得ない例ですが

これが、相手の感情を揺さぶる基本的思考です。
相手の想定外のことをしようとすることが大切になります。
言葉だけじゃなくて、態度ももちろん大切です。
言葉だけで自分の気持ちを伝えていると思っていらっしゃる方が多いですが、違います。
ギャルっぽい女の子が、携帯をポチポチしながら好きだと言って来た場合
誰でも「ん?・・・適当すぎるなぁ。」と思いますよね。

好きそうな顔をしながら、「好き」と言ってくれるからこそ「俺のことが本当に、好きなんだな」という確信が持てます。
体で表現している感情と、会話内容で伝えている感情が一致しているため、確信を持つことができるんです。

ですので、言葉を発した時の態度は、発した言葉以上に大切だと理解してください。
そもそも会話という行為の本質は、口で話すというものだけではなく相手に何らかの感情を与えるということです。
例えば、口で話すことが出来ない方々は手話というジェスチャーで会話をしていらっしゃいますよね
目に見える相手の言動全てが無意識レベルで相手の意志や、相手自体を判断する材料になっているということです。

つまり、あなたは会話内容だけでなく態度も同時に意識しなければ、ウソや好意があっという間に相手に見抜かれてしまうということです。
感情を揺さぶるというのは、悪い風に揺さぶるのであっても、良い風に揺さぶるのであって想定外のことをしないといけません。
良い風に感情を揺さぶることが、難しいと思っている方は、
「毎日自分がなんでイラつくのだろうとか、これをされたら、よりイラつくな」
ということを考えながら人と接している可能性があります。

結果、悪い風に相手の感情を揺さぶることが得意になってしまいます。
そうではなくて、毎日
「今俺がこのシーンでこういうことを言われると惚れるな」
「この瞬間もしこいつが、こういうこと言ってきたらマジで好きになっちゃうな」
「このクソ生意気な上司が今僕にお箸をとってくれたらすごく印象変わるかもしれない」
上記のようなマインドでいますと、相手の想定外のことを考える訓練をしていることにもなりますので、相手の感情を良い風に揺さぶる方法を習得しやすくなります。
そして、相手の想定外の楽しい内容を言葉にすることがユーモアになります。

ユーモアを使えるようになった時、あなたは相手を楽しませることが自由自在に出来るようになります。
あなたは楽しい人という魅力になることはもちろんですが、付き合った後でも、ユーモアは必要になってきます。
というのも、喜びや笑いという人生の楽しさをしっかりと彼女に与えてあげていると浮気もされないんですね。


気まずい雰囲気にならずにユーモアを交えてデートに誘う
デートに誘って気まずい雰囲気を脱出できずに失敗してしまったことはないでしょうか。
なぜ失敗してしまうのかというと、女性が重く感じているからと、ガッついてる感が出ているためです。

デートは次のようにユーモアを交えて誘ってみてください。
男「7日、飲みに行こうよ」
女「あ、その日は友達と遊ぶから無理」

男「うさぎさんくらいに悲しい。空いてる日とかある?」
女「今は仕事が忙しいから分かんない」

男「だよねっ^^ ○○ちゃんきっと忙しいだろうなって思ったもん。じゃあ、僕、次、うさぎちゃんのコスプレしながら、懲りずに誘ってみるね♪」
女「分かったよ(笑) お誘い待ってます♪」
ユーモアのある切り返し方が出来るようになりますと、デートに誘って失敗した場合も、気まずい空気になりません。

ユーモアにプラスして、大切なのは、「また懲りずに誘ってみるね」という一言を添えておくことです。
上記の一言を添えておくことで、後日、デートを誘いやすい関係になることが出来ます。
「じゃあ、いつ空いてるの?」
「空いてる日わかったら教えて」
しつこいと思われそうな質問攻めは、デートをしてもらえるどころか、マイナスの印象を与えてしまうだけの場合が多いですのでやめましょう。


このページの先頭へ