笑顔がステキな男性はクールなイケメンよりモテる!表情で好感度を上げる方法

表情は、一番感情を隠しやすい(ウソをつきやすい)部分ではありますが、一番感情を伝えやすい部分でもあります。
楽しい時は楽しい表情をするからこそ、楽しさが伝わり、悲しい時は悲しい表情をするからこそ、悲しさが伝わる。
誰であっても、相手の表情は気にしてしまう部分であり、誰であっても、ウソをつく時には意識をする部分だということです。
表情と会話内容の感情が一致していなければ、まず、相手にちゃんとした感情を伝えることはできません。

例えば、「これおいしいね」と口で言ったとしても表情がまずそうであれば、「おいしい」という感情が相手に正確に伝わりません。
また、楽しい会話をしている時には大げさな表現をすることが多々あります。

例えば「おお!超、すごいじゃん!!」と言う時、本当に超スゴイと思っていることを相手に伝えるためには、超スゴイと感じているかのようなビックリした表情をする必要があります。
会話内容と表情が一致しているからこそ、相手に感情がダイレクトに伝わるんですね。
逆に、自分の感情がしっかり相手に伝わらないと、相手の頭には「?」が出来る会話になってしまいます。
頭の中で「?」が出来る会話というのはわざとテクニックで使う場合を除いては、日本語ではなく、違う外国語の言葉をタラタラと聞かされているような気分になります。
つまり、相手にとっては意味の分からない会話になってしまうということです。

楽しい会話内容の時には、楽しい表情をして、怒っている会話内容の時には、怒っている表情をして、悲しい会話内容の時には、悲しい表情をするからこそ相手に、しっかりと気持ちが伝わります。
感情表現が豊かではない無表情な方は、何を考えているのか分からない、犯罪の臭いがするような怖いというミステリアス感や単純に暗そうというイメージを相手に持たれることもあります。

女性と上手くコミュニケーションがとれずに悩んでいらっしゃる方には、自分の感情を表に出すと嫌われてしまうのではないかという恐怖心から表情を豊かに出来ない方もいらっしゃいます。
そして、表情として、最高の武器である笑顔がものすごく少なくなってしまっています。

クールなイケメンよりも、笑顔が素敵な男の方が女の子にモテますので笑顔を多くするためにも表情を豊かにしましょう。


表情筋を鍛えるための3つのトレーニング方法
表情を豊かにするためにはどうすれば良いのかと言いますと表情筋を鍛えてください。
表情筋を鍛えるということは、今までよりも、楽しいという時の、楽しさを伝える顔の表情を大げさにし、悲しいという時の悲しさを伝える顔の表情を大げさにするというような、表情を大げさにするための筋肉トレーニングになります。

感情豊かでない方が表情筋を鍛えるということは、日々、モテ男が無意識にしている表情筋の使い方をするということですので、あなたの表情筋が筋トレに慣れてくれる頃には、モテ男と同じような表情を出来ていることになります。

また、楽しい表情をしている時は、楽しい気持ちになりやすいです。
無表情ですと、感情も豊かになっていないことが多いです。
ですので、筋肉トレーニングにより、無理やり表情を変えることで感情も変化しやすくなります。
つまり、表情筋を鍛えることは、感情自体を豊かにさせることにも繋がるということです。

表情筋を鍛えるための練習方法は3つあります。
・人間に近い表情筋をもった動物の表情を参考にする
・歯を白くする
・一つの文章を音読する

上記の3つです。

人間に近い表情筋をもった動物の表情を参考にする
動物園に行くと、人間に近い表情筋をもった生き物がいます。
例えば、サル、オランウータン、ゴリラ、また、猫や犬を飼っていらっしゃる方はそのペットの表情筋(表情)を見てください。
動物相手ですと、人間は言葉が、あまり通用しませんので表情から感情を読み取ってあげないといけません。
「今、お腹が空いているのかな?」
「今、喜んでいるのかな?」
「今、眠たいのかな?」
というようにです。

また、動物は人間ほど表情筋が発達していませんので人間に比べると、微妙な表情の変化しか出来ません。
結果、動物の微妙な表情の変化を読み取ることが出来ると、当然、人の表情を見た時に、相手の心を読み取ることも出来るようになります。

読心術の初歩テクニックになりますが、例えば話し相手が、会話の内容と一致していない表情をしていた場合、
「何か隠しているのかな?」
と、予測をし、そっと相手を泳がせながら、隠し事を探るような会話をすることが出来るようになったりです。

たくさんの表情の繊細な変化を知ることで比例して、相手の感情の小さな変化にも気づくことが出来るようになりますので是非、ちゃんと観察してみてください。

動物で観察をする理由は単純に、人をじっと見て観察すると変な人だと思われるからです。
動物ならじっくりと、観察することが出来ますよね

歯を白くする
歯を白くするということは、表情筋を鍛える上で一石二鳥な方法だったりします。
薬局に行けば、歯を白くするというキャッチフレーズの歯磨き粉が売っています。
どれでも良いですので買ってください。

この方法の最高に良い理由は、今までしてきた毎日の歯磨きの歯磨き粉を変えるだけで良いということです。
あなたの生活に、変化が全く必要のない方法ということです。

歯を綺麗にする努力をしていることで歯が綺麗になっているのかを、つい、見たくなってしまいますよね
自分自身の歯をちゃんと見るためには「いー!」と発音する時の表情をしなくちゃいけないですので、自然と笑顔の練習になります。
そして、本当に歯が白くなった時には、一石二鳥です。

ちなみに、歯が白い男は、イケメンよりも少ないです。
もっと言うと、歯を白くすることを意識し、実行している男性を芸能人以外では、あまり見たことがないくらいに少ないです。

つまり歯を白くすることで、恐ろしく他の男性と差別化が出来ますし、もちろん、魅力のある男になることも出来ます。
容姿にも少し自信がつく可能性があるということです。
女の子に対してであっても、歯が黄ばんでいる女の子よりも、歯が白くて綺麗な女の子の方が良いですよね

同じように女の子も歯が綺麗な男を魅力的に見る傾向が強くありますので、容姿に自信を持つためにも、是非してみてください。
実際に歯磨きをしながら、 歯が白くなったかな?と鏡を見ることが、自然と笑顔の練習になります。

注意)
某芸能人のように違和感のある白さは「整形をしたのか?」と思われんばかりにマイナスイメージを持たれる場合もあります

一つの文章を音読する
一つの文章を音読することも、すごく良いです。
無表情の音読をすると無表情なストーリーになってしまいますが、感情表現豊かに音読をすると、波乱万丈なストーリーに変化します。
また、感情表現豊かな声を出している時は声のトーンだけでなく、顔も同じように感情表現豊かな表情になっていますので結果的に、表情筋のトレーニングになります。

注意点として、文章を音読する時には、感情を込めて読むようにしてください。


このページの先頭へ