気配りで大事なことは?

気配りで意識して欲しいことは見えない気配りです。
細かい気配りが出来る男ほど
「相手が何をしてほしいのか?」
ということを細かいレベルで読むことが出来ます。
相手の欲求に、相手に聞かずとも、応えることが出来るということです。

極論を言うと、会話そのものも全てが気配りです。
女の子が話したそうな話題
女の子が笑ってくれそうな話題
女の子に聞きたそうな話題
「女の子にどんな会話をすれば喜ぶかな」
ということを読み取り、会話内容を選ばなければいけません。

1度のデートに1.2回でしたら、
「何がしたい^^?」「どんな話しがしたい^^?」
と、聞いてあげても良いですが、最終的には、会話をしている中で常に探り、読み取ることが出来る男になってください。

少しイライラしていたら「生理なのかな?」と予想したり長距離ドライブをしている場合でしたら
「ノドが渇いてそうだな、ジュースとかほしいのかもしれない」
「トイレとか休憩入れた方がいいかな」
という予想をすることが出来ますよね。
そして、予想を終えた、あなたから出る言葉は、
「ジュースでも買いに行こうっか」
「トイレ行きたい♪」
どれだけ細かい所まで、気配りができるのかということが大切です。

口説かれ慣れているモテる女の子の場合ですと、ライバルがたくさんいますので、より細かい気配りが出来なければいけません。
逆に、より細かい気配りが出来るだけでも自然と女の子が、ライバルと差別化をしてくれるということです。

気配りが出来る男は会話内容の進行も上手にできる男ということになりますので、間違いなくモテる男になります。
例えば、女の子がキスしたいなと思っている時に
「キスをしたのかな?」と読み取ることが出来なかった男と、「キスしたいのかな?」と読み取ることが出来、抱きしめる男
どちらがモテるかというと後者です。

タイプではない女の子でも口説くという話になってしまいますが、キスをしたことがないという方は、女の子がキスしたいと思っている場面に出くわしたとしても、女の子のキスしたい欲求に応えてあげられないですよね。

好きな子がキスをしたいと思っていた場合は・・・ライバルにとられます。
大好きな女の子の無言の欲求を、正確に読み取り、応えてあげるためにも色々な経験をしておいた方がいいです。

欲求をを叶えれくれない男には、女の子は幻滅し、他の男にすがります。
結果、女の子の様々な欲求に応えてあげることのできる幻滅されない男になるためにも、タイプではない女の子であっても、口説いておいた方が良いです。
あなたが相手にしてあげれることの選択肢を増やすという意味でです


このページの先頭へ