確実に女を口説き落とせる男が持っている思考法とは?

あなたの正気段階の印象が決まってしまう時間というのはあなたが思っているよりも早い可能性があります。
初対面の場合はだいたい会って 10 秒ほどであなたの印象を不本意であったとしても、決めつけられてしまいます。

恋愛スキルが総合的にある人でしたら会って5秒以内である程度のあなたの印象を決めつけます。
逆に、恋愛スキルが総合的にない方は時間をかけて、情報収集をたくさんし、相手を決めつけようとします。
また、たいていの場合は、あなたが魅力的だと思った女の子はあなたよりもコミュニケーション能力が高いことの方が多いです。

ということは、相手の方が早くあなたの印象を決めつけてしまう可能性があるということです。
思ったよりも、早く決めつけられてしまう可能性があるということは、その間は特に、自分の魅力を最大限に発揮しておかなければいけません。

ただ、決めつけると言っても、その人の全てを完璧に決めつける方はいらっしゃいません。
※恋愛が苦手な方は決めつけてしまう傾向もあります。

どんな極悪人であっても優しい一面を見せたりすると
「この人って本当は優しい人なのではないのかな?」
と思ってしまうことがあるように人には色んな一面があります。

ですが、最初から、その人の全てを決めつけてしまいますと、上記のような相手の意外性に対して、気付くことができなかったり、「どうせ、今だけだろう・・・」とネガティブな解釈をしてしまいます。

人は、自分がそうだと思ったことに対して、肯定できる現実を針の穴を探すかのように探し、見つけ、受け止め、否定に値する現実については、無視または、罵倒する生き物だったりするんです。

ですので
「この子は優しい子だ」と思っていたとしても「優しそうな子だな。でも、こういう要素も持っているかもしれない」と他の一面についても探るということを常に楽しみながら追求していこうとする気持ちが大切です。

答えを早く出したい人や理論的に物事を考えている人は
「この子はこういう子だからこう口説き方をして・・・・」
と早々に相手のことを決めつけてしまうことが多いです。

「この人はこうだ!」と簡単に決めつけてしまうと、その女の子の多面性を知ることが絶対に出来ません。
人は矛盾している生き物です。
数日前に言っていたことを、簡単にくつがえす生き物です。

あなたもリフレーミング(物事を色んな視点から見ること)が出来るようになりましたら、あっという間に、あなたの考え方は数日前と変わってしまうでしょう。

ですので最後まで相手を決めつけないということが大切になります。
女の子を「この子はこういう子だな」と決めつけてしまうことは女の子が将棋で、歩を一手動かしただけで
「この歩を動かすということは、王手までの流れも必ず、こういう手でくるはずだ」
と決めつけようとしていることと同じです。

そのような考え方で女の子の手を見抜くことによって、あなたが「王手!」を出来るチャンスをイメージ出来たとしても、女の子は、逃げ道を見つけている可能性が高いということです。
それどころか、あなたが「飛車角」をとられちゃうことのほうが可能性としては高いでしょう。

そんなはずじゃなかった・・・><

ですので、確実に口説き落とすまで、あんな手があるかもしれない、こんな手があるかもしれないと柔軟に考えることがすごく大切になってきます。

どこかで、「勝った」と決めつけてしまうと相手に反逆の手を打たれた時にパニックになります。
先ほどもお話ししましたように、人は矛盾をしている生き物です。
あなたと会っている時の女の子も会っていない時はあなたの知らない一面をもっています。

理論的な考えをお持ちの方に知って頂きたいことは本当の恋愛理論というのは、相手の情報収集を初期段階に徹底しその情報によって、今後全ての恋愛の行動を完全決定するのではなく、相手の考えていることは常に探り、相手が喜ぶこと、悲しいこと、口説きやすい方法なども常に探り、初期段階に作戦を完全決定せず、常に探りながら、臨機応変に、作戦変更をしながら、口説き落とすということ。
臨機応変や作戦変更を相手に合わせてするということが恋愛の理論ということを理論的に理解してください。


例えば、「この子はド M だ!」と決めつけるならば確信できる要素を探していくことはもちろんですが、「S かもしれない」という可能性のある要素も色んな視点から探っていく必要があるということです。

常に探ることによって、確実に口説き落とすということが可能になります。
おそらく、恋愛以外のどの分野に対してであっても、常にリサーチをしながら、作戦変更などを柔軟に考えているのではないかなと個人的には思ったりもします。

また、人の基準値というのはそれぞれ違います。
○○という芸能人が可愛いという人もいればまったく可愛いと思わないという人がいるのと同じように相手のコミュニケーション能力の高さを判断する基準も恋愛経験豊富な男の基準、恋愛経験の少ない男の基準によって当然違ってきます。

ちなみに、恋愛経験豊富な男であっても人を完全に見抜くことは出来ません。
人を完全に見抜くということ自体が過信なんですね。
あなたも、簡単に全てを見抜かれるほど、単純でないですよね

僕は結婚をしていますが、嫁の全てを見抜いていないです。
だからこそ、新しい嫁に対する発見があったりして楽しい夫婦生活が出来ています。

さらに、簡単に相手のことを決めつけようとしてしまう思考はご自身のことも決めつけてしまう思考になっている可能性が高いです。
「俺はこういう人間だから、こういうやり方で・・・・・・」
「俺はこういうタイプだから、こういうタイプの子が合うんじゃないかな」
というように、自分自身も、ご自身で決めつけたカテゴリ分けをしてしまっていたりする可能性があります。

「俺はこういう人間だから、こういうやり方で・・・・・・」
決めつけてしまうと、視野が狭くなり結果的に柔軟な対応が出来なくなります。
何か新しいことにチャレンジしようと思った時、あなたがあなたのことを決めつけてしまっていますと、チャレンジが出来なくなってしまいます。
あなたがあなた自身で、あなたを成長するチャンスを逃すことになります。

ですので、自分のことも、他人のことも完全に決めつけないということはすごく大切です。


賢いと思われている男がモテるのか?女の子に合わせられる男になる
真面目で論理的な考えをお持ちの方は女の子から「賢い人」と言われる傾向があります
ただ、
賢い男=魅力的な男
ではありません。

知識を沢山お持ちですとその知識を教えてあげようという優しさから女の子に教えてあげていたとしても、女の子にとってはつまらない話や、余計なお世話になっている可能性が高いです。
教えてあげようという優しさは、ご本人も気づかないうちに賢さをアピールするような話し方(知識をひけらかした話し方)になっている可能性が高いということです。

ご自身では気づかない理由の一つは、女の子が、「いちいち注意しても場が盛り下がし・・・」と我慢をしてたり、女の子も賢い話し方をする努力をし話し方を合わせてくれているためです。

ただ、賢い男性の前で、賢い話し方をしている女の子も、ユーモアのある楽しい男と話している時は楽しいノリで話しています

僕がたくさんしてきましたサポートの中では、
・賢いだろう男性からのサポートでは、賢そうな女性という印象です。
・ユーモアのある男性からのサポートでは、ユーモアのある女性でした。
というように女性を判断されているご相談内容がものすごく多いです。

僕は、クライアントさんの話し方に賢さアピールが出ていそうなのかというのを判断しながら、どのような女性だろうかと想像し、サポートをさせて頂いていたため、クライアントさんに的確なアドバイスが出来てきたと確信しています。
悪く言えば、クライアントさんがお持ちの狙っている女性へのイメージをうのみにしていませんでした。
的確なアドバイスをさせて頂くためです。
本当に、申し訳ございません。

相手が真面目な話をしてきたら真面目な話を、楽しい話をしている時は楽しい話を、相手が固い話し方をしている場合には、相手より少し柔らかい話し方を、相手がチャラい話し方をしてきた場合には、チャラい話し方をする。
というように女性に気を使ってもらい合わせられている男から女性に合わせてあげられる男になりましょう。
※気を使わせる=相手にとっての苦痛の状態です。気配りではありません。



このページの先頭へ