恋愛本では教えてくれない!モテる男の正しい女の褒め方

では、女性にはどういう褒め方が有効なのかというと「前よりも、綺麗だね」という絶対評価+プロセス評価をしてあげてください。
どういう事かというと、一人の女性の時系列で褒めるということです。

もう少し噛み砕いて言うとその女性の成長した部分を見つけて褒めてあげるということです。
具体的にどんな褒め方をすれば良いのかというと例えば、服を褒める場合なら
「これって何着のうちから選んだの?その中から選ぶとか服もすごいけど、選ぶセンスもすごいよね」という彼女の過去を想像し、現在にいたるというような褒め方だったり、2回目のデートをする場合なら、
「前会った時よりも、今の○○ちゃんの方がかわいいよ」
という褒め方だったり、髪を切った場合なら
「髪切ったの?前より今の方が似合ってるね」
という褒め方です。

初めて会った子に、いきなり「髪キレイだね」と言っても社交辞令のように思われたりし、あまり喜ばれませんが2回目会った子には「あっ、前より髪綺麗になったよね^^」って言うと喜んでもらえますよね。

これは、女の子の時系列を褒めているからです。
「○○ちゃんよりも君の方がキレイだね」という褒め方はやめて
「前の○○ちゃんより今の○○ちゃんの方が、すごく綺麗だね」という
褒め方をしてあげてください

時系列で褒めるというのは、褒めるポイントの“背景”までみないといけません。
ピアスやネックレスを買ったのなら、お店でパッと見てパッと買ってるわけじゃなく、どれにしようか悩みに悩んで買っているかもしれないのですよね。
その背景をしっかり読んで
「そのネックレス、お店ですぐ選んだの?」
「いや、結構悩んだよ」
「本当に?すごいじゃん^^むちゃくちゃ似あってるよ。でも、それを選んだ○○ちゃんのセンスのほうが、すごい♪」
と褒めてあげてください。

似合っているということも、もちろん褒めていますがそれ以上に悩みに悩んだ努力という部分を褒めていますよね。
時系列で褒めてあげるというのはこういうことです。

他にもう少し例を挙げていくとMixiやモバゲーをやっていてSNS内のやり取りから携帯メールに移行した時
「○○ちゃんからメールが来た瞬間、僕の携帯輝いているっ♪」
携帯メールをしていて電話に移行したなら第一声に
「想像してたより、全然かわいかった。声がめちゃくちゃ可愛いかった」
メールのやり取りから移行して実際に会ったら
「想像してたよりも全然可愛い」
という褒め方が、時系列での褒め方になります。

パッと見て、思いつく箇所というのは誰でも思いつきます。
ですので、自分以外の男も褒めている箇所と考えてください。
ですので、他の男が褒めていないような箇所、さらには、その女性を褒めて欲しいと思っている箇所を探しましょう

上記の他の男が褒めてない箇所を探すヒントになるのがその女性の時系列を見るということになります。
そして時系列の背景から、彼女が心の奥底で褒めてほしい思っている部分を会話をしている中で探りだして、そこを褒めるてあげると、
「そんなこと言ってくれるの、○○君だけ」
と言ってもらえる男になれちゃいます

褒める箇所というのは一人一人違います。
ここを褒めてあげれば良いという鉄板のようなものもありません。
もし鉄板があっても、それは誰でも簡単に思いつく褒めどころなので他の男達もやっているということになります。
そうすると差別化が出来ないので女性の感情が全く動かない効果のない褒め方になってしまいます。

顔が可愛い女性は、「可愛いね」と言われるのは慣れていますよね。
だからこそ、内面を褒めてあげないといけないということを色々な恋愛本には書かれていますが、
「目にすごいオーラを感じる。 すごい努力をして、辛い時も頑張って綺麗になりましたって目が言ってるよ」
と、顔が可愛い女性に言ってみたりすると、その女性にとって、言われたことのない容姿での褒め言葉になる可能性があります。

背景を考え、「絶対評価」+「プロセス評価」を意識すると上記のような褒め方が出来ますよね
また、外見だけでなく、内面のどこを褒めるのかということもすごく大切になってきます。

少しモテる男なら内面を褒めるということくらいはしているからです。
そういう男達が恋のライバルならより、そういう男達よりも、違った視点から褒めてあげないといけないです。
ライバルに彼女をとられてしまいます。

では、上記のようにライバルが過激に強い場合、どのような視点から褒める所を見つければ良いかと言いますと、女性との会話の中でその女性が心の奥底で日々、感じている辛い部分だとか、頑張っている部分を探りだして褒めてあげます。

ここまで読み進めてみて褒めるということが恋愛のコミュニケーションにおいて
「褒めるって、ここまで重要だったのか」
と気付いて頂けましたでしょうか

相手を褒めるということをしても全く効果がなかった人はおそらく「結果評価」+「絶対評価」や相対評価な褒め方ばかりになっていたのではないでしょうか。

褒めるという行為はやり方を間違えなければ、スマートに女性を口説くことが出来る力が間違いなくあります。
今まで、いじる・けなす・上から目線といったものを女性を口説く魔法のテクニックのように捉えて、率先して、実行していらっしゃった方もいるかもしれませんが100%上手くいきましたか?

きっと、失礼な男だなと思われフェードアウトされたこともあるかと思います。
理由は、あなたの魅力のせいではなく、会話の方法が間違っていたからです。
もし、上手くいっていなかった場合は、まず今までの自分のやり方は間違っていたということを認めてください。
そして、正しい女性を口説くためのコミュニケーションを素直に受け入れて頂くと、おそろしい速さで成長出来ちゃいます


このページの先頭へ