恋愛では女の子に期待するな!その理由は?

これはどういうことかと言うと、例えば
・好きと言えば、付き合ってくれるかもしれない
・デートに誘えば、OK と返事をくれるかもしれない
などと、期待をしないということです。

男が勝手にしたいと思っていることは、大抵、相手の女の子にとってめんどうくさい事だったりします。
誰でも、自分のしたいことは楽しいですが、人に付き合ってしている用事などは、面倒くさいことが多いですよね^^b
期待をする恋愛の方法をギャンブル的恋愛と言い、失敗のほぼ全てが期待をした方法だったりします。

ですので、そういう状態にならないように、
・好きと言えば、喜んでくれる状態にしてから、告白をする
・デートに誘って欲しい状態にしてから、デートに誘う

ということが、必要になってきます。

もっと言いますと、自分のしたいことを、相手のしたいことにすると良いということです。
他にも例えば、
こういう誘い方をしたからデートに誘っても OK を貰えるだろう
デートに来たから、付き合うことが出来るだろう
褒めてきたから、こいつは俺のこと好きだろ?
という期待などもそうです。

また、上記の例は、今までの自分自身の経験則や悪いノウハウの影響で女の子を判断しようとしている可能性があります。
今まで女の子に褒められたことのない方が褒められた場合は、「この子は俺のこと好きかも」と思ってしまうかもしれません。

でも、「この子は、よく人を褒める女の子なのか?」ということを判断し、もし、胡散臭いくらいに褒めてくる子であれば、この子のコミュニケーションにとって、褒めることは、当たり前のことなんだという風に認識してみましょう。

女の子のコミュニケーションを自分視点で考えてはダメです。
例えば、関節キスがOKな子も、もちろんいるわけですが、関節キスをしたことがない男性ですと女の子が自分が飲んでいたドリンクを指差し、
「それ飲んでいい?」
と聞かれたことで
「この子、俺に気があるかも♪」
とか思ってしまう可能性があるということです。

ボディタッチの場合も同じです。
間接キスを誰にでもする子もいればボディタッチを誰にでもする子もいます。
ハグを普通にしてくる子もいます。
女の子によってコミュニケーションの方法が違いますので、自分の今までの経験で考えるのではなく、この子はどんな子なのか?その女の子にとっての当たり前のコミュニケーションはどういうポジションにあるのか?ということを探しながら、判断していきましょう。

他にもあげられる例としては女の子が「○○行きたいな」と言った時、「チャンスだ!」 と思いますよね。
もちろん、チャンスな時もありますが女の子がボソっと独り言のように言っただけの時も当然あります。
あなたと行きたいわけではなく、誰でも良いから、一人でも良いから、そこに行きたいだけと思っていることも多々あります。

ですので、突然、女の子が行きたいと言ってくれたから「あ、俺と行きたいんだ♪」とチャンスと期待するのではなく「行きたい」という言葉がどのようにして発生しているのかを考えましょう。
「俺と行きたいでしょ?」
「うん、行きたい^^」
と言ってくれているのか、ただ単に、話がつまらなかったため、女の子が暴走し、
「行きたいなー」
と言っているだけなのかを見極めないといけません。

たまたま出てきた言葉に期待しては失敗することがあるということです。
ですが、今から矛盾をお話しします。

期待してはいけないんですが、期待をしたフリはするべきなんです。
期待をしたフリをしてあげることで
「この人はあたしのことを好意的にみてくれているんだな」
と感じてくれる可能性があるからです。

※あなたの好意を、女性がこころよく受け取ってくれる状況になっている必要があります

今はマインドの章ですので、本心での期待はしないが、態度では期待をしたフリをするということを覚えておいて下さい。

余談ですが、期待しないというのは
何も女の子に限った話ではなく、男でも同じです。
人に期待をしないということは大切です。

なぜなら、人に裏切られると思っている方ほど人に期待してしまっています。
人に依存しようとしていると言うと大げさですが期待をするため、裏切られたという感情が出てきてしまいます。
あいつなら、きっとこうしてくれるだろう。
この子なら、きっとこうしてくれるだろう。
という思いがあるからこそ、してくれなかった時に裏切りだと思ってしまいます。

元々、何もしてくれないと思っていれば人があなたの期待に添えなかった行動をしようとも裏切りでも何でもありません。
また、人に期待しないようにすると今までの全てのコミュニケーションが変わってきます。

どのように変わるのかと言うと、「期待をしない」というのは言い方を変えると「見返りを求めない」ということになるんです。
つまり、見返りを求める側の人間ではなく、与える側の人間になることが出来るということです。

クレクレ君と言われる日々からの脱出が出来ます。


このページの先頭へ