盛り上がっている会話にうまく入れない!なぜ?

コミュニケーションが上手くいかない方の理由の一つに会話の内容ばかりを意識して、仕草や行動から、相手に感情を読み取られているということを意識出来ていないという理由があります

人は、一つのことに意識を集中すればするほど、他の部分が適当になってしまうことが普通だからです。
会話内容も、もちろん大切ではありますが、会話内容をしっかりと伝えるためには、仕草や行動を意識しなければいけません。

例えば、人は、どれだけ会話内容で嘘をついていたとしても、仕草や行動で無意識に本音を語ってしまっています。
「会話内容は嬉しいと言っているけど、表情は無表情!」
いくら口で嬉しいと言ってたとしても、実際、
「本当のところは、たいして嬉しくないんでしょ?」
と、思われてもしょうがないということです。

感情表現を上手く出来ない方にとっては、不本意だとしても、他人(家族以外)は上記のように会話の内容を信じてくれません。

モテる男が女の子を楽しませることが出来るのは会話内容が面白いからだけでなく、モテる男自体が、明るそうで楽しそうに見えるため、面白い会話が出来上がっているということです。
感情表現が豊かでない方が、楽しい会話をしようと頑張ったとしても女の子は楽しいと思ってくれないことが多々あります。

例えば、相手を楽しませてあげようと思った時、大げさな表現方法を使った会話の内容をすることが多くなるのですが、感情表現が豊かでない方は、おおげさな表現を体ですることが出来ないですよね。
楽しそうな人だからこそ、冗談を言ったとしても相手は冗談に聞こえますが暗そうな方が、同じ冗談を言っても冗談に聞こえない場合があります。

同じ会話内容を話しても、話す人の雰囲気によって、相手に伝わる印象が違うということです。
つまり、ノンバーバルコミュニケーションとは会話内容に合った雰囲気を伝えるために、必要なものだったりもします。

お酒に酔った勢いで付き合ってない男とキスをしたことがある女の子に理由を聞くと返ってくる答えは
「なんとなくそういう雰囲気になったから」
です。

合コンで、女の子がつまらなさそうにしていることが分かるのは、なんとなくつまらなそうな雰囲気を女の子が出していたからですよね。
また、短時間で女の子を口説くことの出来る男も
・なんとなく、手をつなげそうな雰囲気だった。
・なんとなく、キスが出来そうな雰囲気だった。
と言います。

この”なんとなく”という雰囲気を、私たちは、どこで読み取っているのかというと男女とも言葉ではなく、相手の仕草や行動から読み取っています。
つまり、ここでお伝えすることを忠実に実践して頂ければ場の「なんとなくな雰囲気」を作ることも上手になります。
例えば、すごく盛り上がっている合コンであなただけが会話に入れないような状況というのがあるとすれば、この『コミュニケーション編』を学んで頂くことで、大きくうなずいたり、一緒になって笑ったりすることが出来るようになり、その場になんとなく溶け込むことが出来るようになります。


このページの先頭へ