気配りの本質とは?今日から気配りができる人になるために

気配りの本質というのは、あなたが品格を持つということです。
ステータスのある大人の魅力とも言えるでしょう。

例えば、銀行以外はたいてい、引くドアになっていることの方が多いです。
ドアを引いた後は、そっと手で「先にどうぞ」と合図をし、自分よりも先に女の子を入れてあげないといけません。
手で誘導をしてあげるだけでも女の子は「この人紳士だな」と思ってくれます。
チャラいと思われていても「紳士な部分を持っているんだな」と思ってもらえます。
人としての品格を女の子が感じてくれるからです。

先ほども言いましたが、女の子にはお姫様願望がありますので、どんな女の子であってもエスコートされたいと思っています。
エスコートをして失敗するイメージがある方は、さりげないエスコートではなく、ぎくしゃくしたわざとらしい、エスコートになっている可能性があります。

僕は、誰に対しても、これくらいの気配りはしてますよ。変ですか?
という気持ちになれるくらいのマインドを持ってください。

女の子は、
「全然、変じゃない。すんごいいい感じ♪」
と言ってくれるでしょう。

特別な女の子を口説き落としたいのでしたら、特別な男になる。
自分の口説ける範囲以上の女性を好きになってしまったのでしたら、その女性に見合った男にならないといけません。
例えば、芸能人を口説きたくてブログにファンとしてコメントをして・・・・・・というお話があったりしますが、ファンになった地点で口説くことは不可能に近いです。

芸能人を口説きたいなら、その芸能人の所属事務所の人間達と、話せる立場の人間になったり、彼女たちが通うスクールに同じように通ったりすることで、出会い、そして、口説きにいけなければダメということです。

出会い方にラクをすると、口説くことが困難になります。
また、人間性を一番出すために一番大切なことが自分が生きている理由だったりします。
エスコートというのはあくまでテクニック的な部分になってきます。
「俺は、俺が好きな物を手に入れるために生きている!」
自分のために生きていると言った瞬間、
「じゃあ、勝手にすれば。さようなら」
と、好きになってくれる人は誰もいなくなります。

人のために、何かをしているということを日々のお仕事の中でも想像力を働かせ考えてください。
「俺は、ネジを作っている。 このネジを既存のネジよりも折れないネジにしていろんな商品に使ってもらい、その商品を買った人たちが安全にその商品を使えるような、そんな時代を作りたい」
同じことをしてたとしても、考え方によって、あなたの人間性は変わります。
利己主義ではなく、利他主義になりましょう。
良い人間性を作るための一歩は人のために頑張れる人間です。
また、モテる人間性になるためにも、人間性が必要です。

生きている意味=人のために何かをしている
何人の力になることが出来るか?
良い女の子を口説きたければ、意識してください。
女の子を口説き落とすということは、その女の子に好きになってもらうということです。
人に好かれるということと同じですので人に好かれる人間になることは必要です。
男に慕われ、女に好かれる。
そんな男になりましょう!

気配りについては以上です。
気配りは必ず出来る男になってください。
気配りの出来ない男という理由だけで恋愛対象外にされてしまうことは、すごくもったいないです。
また、気配りが出来るようになることで無理難題ないい人発言をしなくても、女の子はあなたの奥にある優しさを見抜き、あなたを慕ってくれます。
そして、立派な人間性の持ち主だなという印象をもらい、大人としての品格も手に入れることができます。
気配りのスキルを上げるためには、今から出会う人全てに、親切な心を持って接してください。


このページの先頭へ