モテたいなら女の子の質問にはまともに答えるな!その理由は?

まともに答えることがなぜ良くないのかというとまともに答えることによって、話題が盛り上がらなくなることと、相手の不安がゼロになるという2つの理由があるためです。

こちらでは、相手の不安がゼロになってしまうというリスクについてお伝えします。
相手にあなたを、想像をさせることは恋愛において、とても大切です。
人が人を好きになっていく流れというのは、実際に会って楽しく会話をした後、家に帰り、「あの人、良かったな。」と思い出し相手のことを思い出す時間が多くなることで相手を気になりだし、好きという気持ちが芽生えてくるという流れがほとんどです。
※一目惚れは別です。

ですので、相手にあなたを思い出してもらう、想像してもらうということはものすごく重要です。
ですが、相手の質問に対してまともに答えてばかりですと、想像してもらうことが難しくなってきます。
なぜかと言いますと、全てキッチリと答えてしまうと、あなたの人間像がクッキリと相手に見えてしまうので
「この人はこういう人なんだ」
とキッチリクッキリと解釈をされてしまい、相手の頭の中に”?”が残らない状態になるからです。

?が残らない物事を想像することは、私たちの脳ミソでは、ものすごく難しい作業だったりします。
1+1=2
というキッチリクッキリしている計算を想像することは難しいですよね
そして、想像をされなくなるということは、単刀直入に言うと興味を持たれなくなると同じです。
興味があることに対しては、誰でも想像を膨らませます。

単純にこの反対、想像できないことには、興味がわかなくなるということです。
特に恋愛の初期段階では、相手の分からない部分があるからこそ、
「この人はどんな人なんだろう?」
と、相手のことをもっと知りたくなります。

また、相手の知りたい部分ほど、人は相手に質問をします。
「○○ちゃんって、彼氏いるの?」
というようにです。
相手が知りたがっている部分ほど、隠してあげることによって、相手は想像をしやすくなりますが、相手が知りたがっている部分全てをまともに答えてしまうと、相手は、あなたの全てを知った気分になり、満足します。
「○○君のことは、もう全部わかった。」
これでは、女の子に、お家に帰り、想像をしてもらうことが出来ません。
あなたが、どれだけ深い人間性をお持ちだったとしても、相手が満足をした時点で、相手が見るあなたの人間性の深さは決定します。
その後、相手は、あなたのより深い人間性を知ろうとしてくれません。

ですので、基本的に、相手の質問に対して、まともに答えてはいけない。
では、恋愛コミュニケーションの中でまともに答えるべき部分はどこなのか、恋愛において、真面目に話すシーンなんて1割程度しかありません。

その一割というのは、
・「付き合ってください。」と「結婚してください。」などと真剣に告白をする時
・深い悩みの話になった時
・将来の夢について話す時
・真面目に何かを質問されたと感じた時

くらいです。

他は全て、くだらない話や他愛のない話ばかりし、会話をすることを楽しんでいることが、恋愛です。
すごく真剣な顔をして恋愛をするわけではないです。
顔は笑顔なんです。笑っているんです。
心だけは、真面目に相手を想っているのが恋愛なんです。
特に真面目な方ほど、相手の話に対して真剣に聞きすぎてしまうという傾向があります。
真面目な方は、会話をする時に、真面目に受け答えして欲しいという願望があるのかもしれませんが、恋愛が上手くなりたいのでしたら、自分目線ではなく相手目線で考えるようにしてみてください。

真面目に受け答えをしているだけの会話と言うのは、固いお見合いのようなもので、相手を評価し合いっこしているようなものなんです。

では、まともに答えないというのはどういうことかというと、例えば
『青いリンゴと赤いリンゴ、どっちが好きですか?』
と女の子に聞かれた場合、なんて答えますでしょうか?

恋愛が上手くいかない方の傾向として『青いリンゴ』もしくは、『赤いリンゴ』と、どちらかをそのまま答えることが多いです。
つまり、質問に対して真面目に YES か NO で答えてしまっているということです。

真面に答えないというのは、
『青いリンゴと赤いリンゴ、どっちが好きですか?』
と聞かれた場合ですと、
『緑色のかぼちゃ』
というように、上記の二つのものとは全く違うものを答えるということです。
質問をしてくれた女の子にとって、想定外の返事をすると、笑ってくれることも多々あります

他にも例えば、
『忙しいから、今月は会えない。』
と女の子に言われた時、
『じゃあ、来月はいつ会える?』
と、まともにお返事をしてしまいますと
「○○君が会いたいと想ってくれてるのは分かるけど、忙しいって言っている相手に 今、聞くふつう・・・。それに、来月の話は来月に入ってからにしようよ。。。」
と、女の子に思われてしまう可能性がすごく高いです。

ですので、
『だよねっ♪だと想った!逆に、今、聞いた僕がダメだと瞬間的に思ったもん。また、時間できてそうな時に誘ってみるね』
『うん♪お誘い待ってます』

まとも(真面目)に答えている雰囲気を消しユーモアで返すのが正解なんです。
まともに答えずユーモアを意識することで、次回のデートの約束を前向きに考えてくれる女の子からのお返事を期待できるようになります。

上記のように、このまま、まともに話しの受け答えをしていると気まずくなりそうな会話の流れだなと感じた瞬間にもまともに答えず、ユーモアを使い気まずさを切り抜けるという方法もあります。

気まずいと思った会話内容について、真面目に受け答えをしてしまうと悩みを聞く時に、より深く悩みを聞き、悲しみを倍増させているのと同じで、単純に気まずさを倍増させちゃいます。
女の子を口説けない方になればなるほど、まともに返事をしないというようなヒネリのある会話方法をしていないという事実があります。

さらに、普通にお返事をすればするほど、他の男達もしている会話になっていきます。
みんながよくする会話をすればするほど、女の子にとっては、飽きた会話内容になってしまい、
「また、その話題? ・・・(」
と思われ、他の男達との差別化が出来なくなってくるだけではなく、恋愛対象としても見られなくなってきます。


このページの先頭へ