ノンバーバルコミュニケーションが重要な理由!話しているときの体の向きについて

人が一番感情を隠しやすい部位は表情、感情を隠しにくい部位が足だったりするのですが大抵の人は、足まで人を観察しません。
つまり、上半身の体の向きや表情や目で、相手の感情を読もうとしています。

では、体の向きはどういう時に大切になってくるのかというと特に相手の話を聞く時です。
女の子が話をしている時に体が違う方向を向いていると、
「この人私の話を聞いてるのかな?」
と目の向きと同様に、思われてしまう可能性があります。
ですので、人と話す時は相手の方向を向いて話してください。
胸板を相手に向けるようにしてください。
すると、あなたが体全体が、相手の方向を向いている姿勢になります。

そして、相手の話を聞く時はもう一つ大切なことがあります。
話をする時の姿勢です。
特に、女の子の話を聞く時は、少し前のめりな姿勢で話を聞くことが大切になってきます。
どれだけ大げさに相槌をうっていてもどれだけオウム返しをして共感していることをアピールしたとしても、横柄な態度で聞いていると
「この人(の態度)、なんとなくムカつくんだよな・・・」
と思われてしまいます。

あなたが頑張って話していている時に、女の子が急に携帯を触りながら、「うん!うん!」とうなずいていても、イライラしちゃいますよね
ちゃんと話を聞けよ!!
というようにです。

前のめりになるコツですがあなたの好きな話題の時は、あなたも自然と前のめりになって話をしているはずですので、その時と同じ姿勢をすることで前のめりになることが出来ます。
夢中で話している時のあなたを思い出してみて下さい。



外国人とジェスチャーを使って話してみよう
ジェスチャーは、どちらかと言いますと、感情を伝えるものではなくて会話内容を伝えるものです。
普段の会話では、使わない場面が多いですが言語が通じない外国人さんと話す場合では必要になります。
また、外国人相手に会話をすることが出来るようになりますと、内向的なイメージが、あっという間になくなります。

外国人を目の前にすると存在感だけで圧倒されてしまう日本人が多いですので、言葉は通じなくても外国人と対等にコミュニケーションをとることが出来るだけで周りからは、グローバルで明るい性格だと思われる傾向があります。

また、日本に来ている外国人は、日本人が好きな人が多いのですが
「日本人は、あまり話してくれない」
と、思っていることも多々あります。
ですので、是非、日本にいる外国人に対し、ジェスチャーとノンバーバルコミュニケーションを使いコミュニケーションをとってみてください。

また、あなたが、外国人と話している場面を女の子に見せると、カッコ良いと思われるメリットもあります。
ですので、このようなデートプランも強いデートプランだったりします。

外国人を見ただけで、圧倒されるような女の子を連れて、外国人がよくいるバーに行き、あなたは外国人と話すというデートプランです。
・カッコ良いと思われ、
・外国人の怖いというイメージから頼りがいがあると思われ、つり橋効果的な恋愛の進展も期待できます。

つり橋効果とは、つり橋を渡る際のドキドキ感を、あなたといるドキドキ感と錯覚し女の子が、あなたを好きになるという効果のことです。
英語を話すことが出来なくてもジェスチャーやノンバーバルコミュニケーションを使うことで、少なくとも、あなたと話している外国人に対して、
「君と話をしたいんだ」
という、あなたの気持ちが伝わります。

もちろん、外国人と緊張することなく平気で話せる男になることで周りの外国人に圧倒されてしまう男たちとの差別化も、出来ます。

私も、上記の外国人と話すことで恋愛を進展させるデートの方法を使い、女の子を、吊り橋効果でたくさん口説き落としていますので、是非、してみてください

注意点
普段の会話でジェスチャーを意識し過ぎると手話の会話みたいになってしまいますので普段は意識しなくても良いです。
大げさなジェスチャーは、ユーモアを使う場面以外ですると、相手に不快感を与えてしまう可能性があります。
意識して使うのは、言葉の通じない外国人と話す時ぐらいです。



声のトーンを変えることでポジティブな男という印象を与える方法
話している相手に、ポジティブな男だと思ってもらうために使う、誰でも簡単に出来るテクニックをお伝えします。
会話の最後尾の声のトーンを上げてください。

イメージとしては
会話の最後尾に絵文字上げマークがついているようなイメージで話すようにすると良いです。
会話の区切りの最後尾の声のトーンを上げるだけで、声のトーンを使い楽しそうにコミュニケーションをしていることを演じることが出来ますので、結果的にポジティブな男だという印象を持ってもらえる可能性が高くなります。

ポジティブに思われることが、とにかく難しいという方は、声のトーンという箇所からでも良いですので、とにかくポジティブな印象を相手に持ってもらえるようにしていきましょう!


ノンバーバールコミュニケーションまとめ
明るそうな人(ポジティブな人)・・・プラスの印象
暗そうな人(ネガティブな人)・・・マイナスの印象
という印象を相手に持たれてしまうのは、会話内容よりも、ノンバーバルコミュニケーションが原因になる場合が多いです。
会話が苦手な方は、女の子との会話内容を楽しむ以前に女の子から、マイナスの印象を持たれていることが多いということです。

マイナス印象の男になってしまいますと口説ける/口説けない以前のお話しで女の子が相手をしてくれません。
会話内容は良くなってきているはずなのになぜか女の子の反応が変わらないという方は、ここが出来ていない可能性が高いですの、何度も読み返してください。

また、読心術について少しお伝えさせて頂きましたが、読心術については、機会がありましたら、お話をさせて頂きますので、今は、会話術に集中して、会話術のスキルアップをしていきましょう!


このページの先頭へ