デートには下手なデートと上手なデートがある

デートにも、上手なデートとそうでないものがあります。
デート中の言動や、コースの順番のことではありません。

デートに関する知っておくと得な豆知識はがんばって高級店に行くことです。
ふざけてませんよ。当たり前とか思わないでくださいね。
意味をよく理解してるのとしてないのとじゃ同じことしても効果が違ってきますからね。

初めの内のデートでの食事ではなるべく高級店に行く。
そのことの意味は彼女をいい気分にさせる です。


そりゃそうだろって?
でもちょっと想像してみてください。
高級店で食事=いい気分になる

それってどんなときでも当てはまることですか?
まだ慣れてないあなたとの初デート。
女性はただでさえ緊張しているのにさらに食事は高級店。
実はあなたも慣れてない高級なお店に少し緊張気味。

そんな状況で「いい気分で食事ができますか?」
あなたはせっかく奮発して連れてったお店なのにあなたも彼女も疲れるだけです。
帰りがけに国道沿いのファミレスを見て「楽しそう」なんて思われたら最悪です。

大事なのは
なぜ女性は高級なお店に連れてってもらうことで気分が良くなるのか?
それは高級なお店に連れてってもらうことで今目の前にいる男が高級な男に見える。
そんな高級な男に誘われているという事実に自尊心がくすぐられ女性はなんだか気分が良くなってくる。

ということです。

つまり、女性を高級店に誘うあなたは少しでもオドオドしたり、慣れてない様子を出しては元も子もないのです。

分かりますか?
私は初めてのデートで高級なお店に連れて行くことはとても有効な手段だと感じます。
なのに世の中になぜこれほどその手段が浸透してないのか疑問でした。
そしてその理由は、高級店に連れて行くことの意味自体をほとんどの男性が理解できてないことが原因だと気付きました。

慣れてきたら別として、初めの内のデートではあなただっておしゃれに気を使いますよね?
それと同じです。
初めの内のデートで普段よりちょっと高級な料理を食べるのは『デートのおしゃれ』です。
初めてのデートでおしゃれしてきた男性と全くおしゃれしてない男性ではおしゃれしてきた男性の方が勝ちますよね。

同じように、おしゃれにデートした男性と全くおしゃれを考えてないデートをした男性ではおしゃれにデートをした男性が勝つのは当然です。
女性だって、よっぽどの世間知らずか何かでなければ何度もそんな高級なお店に連れてくことを要求したりはしません。

実際には貧乏ならそれはそれなりに「あの時は無理しててくれたんだ」と感謝してくれるものです。
要は、少しでも彼女を楽しませてあげようという心意気の問題になるんです。
そんな粋な心意気をした男には、必ずいい女がついてくるものです。

他にも、まだ相手に慣れてない・相手との距離を感じる
そんな関係のときにはにぎやかな人ごみのある場所へ行くのも有効です。

慣れてない内は会話に困ったりします。
そんなときも、にぎやかで周りが人だらけなら沈黙が苦になりません。
また、人ごみは手をつなぐ格好のチャンスをくれます。
迷いそうなほどゴチャゴチャしてればそこに彼女とあなたの一体感が生まれます。
『二人で一つ』
『多くの他人と私たち』
人ごみに混ざると自然と作られるこれらの感覚がまだ距離を感じさせるあなたと彼女の関係をググッと近づけてくれます。

こんな豆知識も、知っているのといないのとでは大違いです。
これを知ったあなたはいざデートのとき彼女との微妙な距離を縮めるために人ごみへ行ったとします。
そこへ行ったあなたはどんな言動をするでしょう?
距離を縮める・一体感を作り出す。
そんな目的を持って行くあなたは自然と『僕たちはあっちへ行こうか』とか『俺らもあれに乗ろうよ』とか。。。

目的があると自然に彼女との一体感を強められるような言動をするものなんです。
デートだといって気張る必要はありません。
ただ少しだけ、女性を楽しませてあげられるように知恵を出しましょう。
そんな心遣いが男のマメさでもあります。

別れ話には本音と建前がある

特に女性の言葉には、裏と表があります。
「特に」を付けたのは、男性でもそういう方はいるから。

でもやっぱり表面的な付き合いも大事なコミュニケーションとなる女性社会に生きる彼女らは自分の本心とは別で、巧みに言葉を操ります。
女性は本心と違うことをいろんな場面で言いますが、ここでお伝えするのは別れ話やお断りをするときの女性の言葉についてです。

あなたがこれからどんどん積極的に女性と関わっていけばこの先何度も女性から断られたり、別れを切り出されたり…
そんなことがあることでしょう。

まず第一にそんなことでめげてちゃいけません。
そんなことでめげてるようじゃ、そんなあなたの姿が余計に女性を遠ざけます。
そして次に、そのとき女性に言われた言葉を真に受けてはいけません。

どんなにもっともらしい理由を並べられてもそれは彼女の本心ではない可能性がかなり大きいです。
と、こんなことを言っても
「じゃぁ本当の理由はどうやって見抜くんだ?」
と聞かれても、それは当事者の2 人にしか分かり得ないことです。

ただ彼女が話す理由は、すんなりと別れるための別れを決意した後から考えた理由である。その可能性がとても大きいものです。
それだけを覚えておいてください。
そして自らのステップアップのために
本当の理由を自分なりに一生懸命考えてみましょう。
二度と同じ間違いをしないために。

落としたい女の子には毎回同じ時間に電話をかけよう

あなたが狙っている子とある程度普通に電話できるようになったらやっぱり何度も電話して、たくさん喋ったほうが良さそうですよね。
でも、何度も電話したりするのにもちょっとしたテクニックみたいなものがあります。

それは毎回同じ時間に電話するってことです。
これはもう、相手の女性に「なぜいつもこの時間ばっか?」と感づかれようが、疑問を持たれようが、とにかく同じ時間にかけるのです。
女性は追われてこそ、女性らしい喜びを感じます。

あなたの定刻の電話が相手の女性の中でわずかでも生活の一部となれば…
女性は知らぬ間にあなたの電話を待ちわびるようになります

自分では意識していないレベルで。
そうなればもうこっちのもの。

あなたがデートに誘えば彼女はOKするでしょう。
もし断られたら1 日だけ電話するのを止めてみます。
すると彼女の方からアクションがあるか、無くても次にあなたが電話したときに『ショックで電話できなかった』みたいなことを冗談めかして言うんです。
そしてまたその日に誘うんです。

すると…?
まぁほぼ間違いなく今度はOKします。
電話でちょっとエッチな話もできるようになっていればこの電話で、電話だけでエッチの確約が取れます。

すごいでしょう?
ほんとかなぁって思うでしょう?
ま、試してみてくださいなっ☆
男と女の脳ミソの造りの違いに驚きますよ。こんなに効果があるのかよ!って。


このページの先頭へ