デートしているときにもっと近づきたい!肉体的距離を近づけるための会話法

居酒屋さんですと、対面席ですのでこの会話法を使うことは出来ないのですが夜景を見ているような状況の時、相手の好意がある程度ありそうだけど
「どうやって距離を縮めようかな・・・」
という時に下記の会話法をお使いください。

30cm、女性と肉体的距離があるとします。
※ここでは女性の肉体の幅は 30cmと仮定します。

【 1 回目の移動 】
男「どうにか僕たちの距離を縮められないか一生懸命考えてみた♪90cmほど近づいていい?」
女「90cmもこっち来たら、私通り越しちゃうよ(笑)」

実際に移動します。

女性の幅も 30cmなので、90cm横に移動するというのは元の距離 30cm+女性の幅 30cm+移動後の距離 30cm=90cmの移動

ですので、1 回目は単に左から右に移っただけの状態になります。
そして、肉体的距離が変わっていないことをユーモアとして使います。
男「あれ?全然変わってないね、おかしいな!僕的には完全に、○○ちゃんと、ピッタリくっつけるはずだったんだけど」
女「バカじゃないの。笑」

【 2 回目の移動 】
2 回目から実際に肉体的距離を縮めていきます。
男「じゃあ次は、75cm近づいて良い?」
女「何その 75cmって、曖昧な距離。 別にいいよ。笑」

元の距離 30cm+女性の幅 30cm+移動後の距離 15cm=75cmの移動
これで女性との距離は最初の 30cmと比べて半分の 15cmになりました。
この流れでさらに距離を縮めていきます。

【 3 回目の移動 】
男「次は 50cm近づいて良い?」
女「いいよ。 cmで言わなくていいから。笑」
これまでの流れなら 50cm近づくと
元の距離 15cm+女性の幅 30cm+移動後の距離 5cm=50cm移動
というように、女性との距離は 5cmになりますがその 5cmはサバを読んでしまいましょう!





これで女性と肉体的距離をなくすことができました。
ピッタリと二の腕が引っ付き合っている肉体的距離になりました。

例えば、女性からツッコミがあった場合は、
「あれ、5cm空くはずだよね。笑」
「あ、ごめん。 5cmインチキしちゃった。笑」
などと、言いましょう。

以上のような流れで最終的には二の腕をピッタリ引っ付ける近づいてしまいましょう!
また、カラオケボックス内などで距離を空けて座られてしまった場合にも、この方法で肉体的距離を縮めることを試みてください。
ただし、カラオケボックス内のような完全個室は、女性の警戒心が強くなっている可能性が高いですので、この会話に女性がノリ気でなかった場合は、しつこく粘るなどをせず、その日はまだ早かったと即判断してください。


ボディタッチやキスを拒まれた時の上手な切り返し方
ボディタッチやキスを拒まれた時に、確実にフェードアウトされないような切り返し方はありません。
ですので、拒まれないように細心の注意を払いながらボディタッチをしなければいけません。
それだけ、ボディタッチというのは、女性は好意のない男性相手には嫌悪感を持っている方法であり、ボディタッチを受け入れてくれた場合には一気に心を開いてくれ、急速に関係を発展させることが出来る方法なんです。

恋愛を進展させるために強力な武器であるからこそ、強力なリスクがある方法でもあると理解してください。
確実にフェードアウトをされてしまう切り返し方は、まともに対応をすることです。
つまり、「ごめんなさい。」と丁寧にあやまってしまうことが1番、フェードアウトされる可能性を上げてしまいます。
というのは、まともに丁寧に対応をすればするほど、あなたの好意が、相手に重く伝わってしまうためです。
ですので、ユーモアを使った切り返しをすることでフェードアウトをされない可能性を上げることができます。

【 手をつなごうとして拒まれた時 】
女「やめて」
男「僕の手が○○ちゃんの手と、手をつなぎたいって、どうしても言うことを聞かないもんだから。僕のせいじゃないから、許して♪」

【 キスをしようとして拒まれた時 】
女「ダメ」
男「あ、ごめん。なんかこの前読んだ、○○ちゃんを口説く方法が書いてある雑誌に、雰囲気の良さげな時はキスをしなさいって書いてあったから」
女「何それ。笑」

上記のようなユーモアを入れた切り替えしをすることで愛想笑いをしてもらえる可能性が増えますので、結果的にフェードアウトをされない可能性も上げることが出来ます。
ですが、好意のない相手からボディタッチをせまられ、喜ぶ女性はいません。
逆に警戒心をものすごく煽るだけです。
女性は望んでいないボディタッチに対し、ものすごい嫌悪感を抱きます。
取り返しのつかない失敗といっても間違いありませんので、慎重になりすぎるのも良くはありませんが不安がある時はボディタッチやキスをしないという事が大切です。


このページの先頭へ