気配りができる男になりたい!具体的な7つの事例で解説

では、実際に気配りをする場面というのはどのような場面があるのか、具体的にいくつか例をだしていきますので、参考にしてください。

気配りが出来る男になるためにのコツは相手の仕草や行動をよく観察しておくことです。


歩いている時の気配り
歩くスピードを合わせてあげる

自分自身のことでいっぱいいっぱいの方は女の子のことまで頭が行かず、気がつけば距離が離れて歩いているということがあります。
特に、歩くのが遅い子は他の男と歩いている時は置いて行かれていることがよくありますので歩くスピードを合わせてあげることで、「あ、合わせてくれるんだな。優しい♪」と思ってくれます。

入りたいと思っていそうなお店に入ってあげる。また、歩いていると、女の子が立ち止まって
洋服を飾ってあるお店を何も言わずに見ていたりすることがあるのですが、その時はお店にちょっと入ってウィンドウショッピングしたいなと女の子が思っている可能性がありますので「入ってみる?」と一言聞いてあげると良いです。

女の子は「あ、この人は口で言わなくても、行動で分かってくれる人なんだ」と思ってくれます。
行動から察してあげることが出来ると女の子は「この人といると全然気をつかわなくても良いんだな」と思ってくれます。

手を差し出してあげる
女の子がヒールで歩いている時に、下り坂や階段を下りる時、高いヒールを履いている子は特に内心怖いと思っています。
ですので、「はい。大丈夫?」と言い、ボディタッチという下心ではなく、親切な気持ちを意識したあなたの手を差し出してあげてください。
「この人紳士だな」と思ってくれます。

急な階段を下りる時には、彼女がつまずいて転びそうになった時に受け止めてあげることの出来る位置にいてあげてください。
また、階段や下り坂ではなくても砂浜のような足場の悪い所でも手を差し出してあげましょう。


お店の気配り
お店ではとくに気配りの機会が多いですので、細かい気配りが出来るだけで女の子のポイントはかなり高いです。

エスコート
お店に入る直前にドアを引き、女の子を先に入れてあげることで女の子は「あ、この人紳士だな」と思ってくれます。

行動で優しさを伝える
少し高級なお店に行ったりしますとナイフとフォークを使うコース料理などの食事があります。
高級感のあるお店だと人はテーブルマナーを意識しますのでナイフとフォークを上手に使おうとしますが、女の子の中には使い方が分からない子もいます。

そういう時、口で「ナイフはこうやって、フォークはこうやって使うんだよ」と言うと、プライドの高い子ほど、恥をかかされた気分になり、傷ついてしまいます。
ですので、女の子がナイフとフォークを持つよりも早く、あなたが正しいナイフとフォークの持ち方をしてあげて料理を食べることにより、女の子はあなたのマネをし、女の子自身が、恥をかかないようにすることが出来ます。

例えば、女の子があなたのマネをした時に
「あ、今分かってなかったでしょ。笑」
と冗談であろうと言ってしまいますと、プライドが高い女の子になればなるほど、冗談が通じなく傷ついてしまったり、怒ることがあります。
黙って女の子のプライドを守ってあげることも優しさです。

同じように、バイキング形式などのお店では、女の子がバイキング形式のことをよく分かっていない場合は「一緒に行こう」と言ってあげると良いです。

女の子の体調に気を配ってあげる
お酒の席で、女の子のお酒を飲むスピードが最初に比べて遅くなっていた場合などに、
「酔いが回ってるのかな?」「体調が悪いのかな?」
と、気にかけてあげることも優しさです。
※飲ませることをたくらむ男は、
「酔いが回っていそうだな・・・・そろそろテキーラショットグラスで乾杯かな。」
などと気遣いではなく、酔わせるために相手を見ます。

映画館の気配り
映画館に入り、席に座る際に、隣に変なおじさんがいた場合は、変なおじさんの隣にあなたが、わざと座ることで、
「変なおじさんの横に、私を座らせないように、してくれたんだな」
という優しさが伝わる可能性があります。

また、ポップコーンやジュースを買った時に、女の子も手を伸ばせばすぐにとれる場所にポップコーンを置くことで
「食べても良いよ」
という優しさが伝わる可能性があります。

女の子以外に対して気配り
バスや電車などが混み合っている時に、ご老人に席を譲る。
横断歩道が赤になっていても、ご老人や体の悪い方が、横断歩道を渡り切れていない場合には、あなたがご老人などを誘導してあげる。

狙っている女の子だけに、気配りが出来ていたとしても、女の子以外の人(店員さん、家族、友達)の態度や接し方で本当の人間性が見抜かれてしまいます。
ですので、狙っている女の子だけではなく女の子以外の人や物に対しても気配りが出来ることで「この人、本当に紳士な人なんだな」と伝わります。


このページの先頭へ