気配りができる男とできない男でのメリットとデメリット

女の子によっては、悲劇のヒロインのようなお姫様なのか、どこかの王国のお姫様なのかは変わりますが、どちらにせよ、大多数の女性がお姫様願望を持っています。
ですので、気配りが出来ない男というのは気配りが出来ないだけで、恋愛対象外に入ることが多いです。

気配りが出来ない男を、ガサツな男と言います。
ストレスが溜まっている子ほど、気配りをされると喜び、ガサツだと引きます。
現実では無理だとしても、夢を見せてあげることは大切ということです。

気配りが出来る男は相手のして欲しいことを、察してあげることが出来る男ということですので、女の子は「この人私のこと理解してくれている」と思ってくれます。

「何したいの?」と毎回、口に出して聞いていたのでは女の子に気を使われてしまい、「何でも良いよ^^」と言われることも多々あります。
気を使わせるということは、相手にストレスを溜めさせていることと同じですので、非常に良くない状況だったりもします。

気を使わない女の子の場合は、
「いちいち、聞かないで察してよ!!」
一緒にいて気を使わなくても良い疲れない人と、思ってもらうことは、人間関係の最低条件で大切ですよね
結果、聞かずに無言で、察してあげること(気配り)が大切ということです。

人は、人と接している時に少なからず緊張感を持っていますが、気配りが出来ると、「この人の前ではそんなに緊張感を持たなくても良いんだ」と、思ってもらえるような男になることが出来ます。
女の子にとっての理解者のような存在になることが出来るということは女の子が心を開いてくれるための関係の土台を作ることが出来るということです。


気配りと気づかいは違う
気配りをよく勘違いしている方がいらっしゃいます。
「気配り」ではなく、「気を使っている」方のことです。
「気を使っている」というのは、例えばご自身の意見を言うと嫌われてしまうのではないかと、相手の意見ばかりを聞き、結果、相手にとっては張り合いのない言動をしてしまうというようなこと。

気を使われすぎると、相手も疲れてしまいます。
「○○君と、話している意味あるのかな?何も意見を言ってくれないし。」
「いいよ」が口癖になっている方は要注意です。

気配りというのは、例えば、
鍋パーティをしている時に、女の子の小皿に鍋料理がなくなっていたら、あなたの鍋料理もさりげなく、食べてしまい、あなたのおかわりをすると同時に、女の子にも鍋料理をよそってあげる。

気配りとは
・相手には気が付かせないようにする。
・相手にアピールをしない

というような、さりげない配慮が大切になってきます。


このページの先頭へ